ドラフト・デイ (原題: DRAFT DAY) 498本目 2015-02
上映時間 1時間50分
監督 アイヴァン・ライトマン
出演 Yahoo!映画参照
会場 TOHOシネマズ六本木ヒルズ

【あらすじ】
 アメリカのダントツ人気スポーツNFLのドラフトを題材にした映画。クリーブランド・ブラウンズのGMが低迷するチーム再建為、誰を獲得するかで奮闘する話。

【評価 8点(10点満点)】
 NFLファンも納得の面白さ。でも現実のブランズはボロボロで若干皮肉かなって思ってしまいました。
 NFLの大ファンなので今年一番楽しみにしてた映画。しかもスーパーボウルの前日に日本で公開とかやってくれますよ。

 NFLのドラフトはGAORAで1順目だけですが生中継してるんでその面白さは知ってました。マジで直前にトレードとかありますから。

 ドラフトされる選手はほぼ知らないんですけど、それでも十分に楽しめます。日本の野球は興味ないですけど、見習って欲しいですね。


 この映画もそのドラフトの面白さを見事に出せてました。フットボール映画なのに全くプレイするシーンがないけど、面白い。それがアメリカ人大好きフットボールなんですよ。


 まぁ正直GM自身がミスを自分でなんとか挽回した感はいなめませんけど。最後丸く収まってめでたしめでたしになってますけど、それまでの過程を見るとGMとしては優秀ではないですよね?


 NFLのニュースサイトで「見る前に頭に入れておきたい点」という記事で、違和感がある点というのがあるんですが、私もそれについて激しく同意します。

 シーホークスが1位って・・・。選手は現実は違う設定いたいですけど、アンドリュー・ラックの名前が出るなら当然ウィルソンもいるはずでしょうに。あと準優勝のブロンコスも指名順位高いのも納得できませんね。

 グッデルコミッショナーもちゃんとの本人出演してますけど、ちゃんとブーイングされなきゃリアリティないすわー。
 

 へーそうなんだーって思ったのは、GMはGM同士で直接連絡するんですね。GMは全チームのGMの番号押さえてるんでしょうか。

 まぁそうゆう役職なんでそりゃそうなんかも知れませんけど、なんか気軽に交渉しすぎじゃないすかね。


 映画のブラウンズは希望を持てますが、現実のブランズは残念ながら・・・。

 去年1順目の期待のQBマンジールを獲得したのに全然ダメ。映画でいうキャラハンを獲得しちゃったパターンになっちゃった感じですかね?

 さらにはGMがなんか違反しちゃったり、今年の1順目指名権が剥奪されたとかで散々な状態です。

 とりあえずブランズ関係者みんなこの映画見るべきかと思いました。



クリックしてくれると幸いです。