ホビット 決戦のゆくえ(原題:THE HOBBIT: THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES) 496本目 2014-30
上映時間 2時間24分
監督 ピーター・ジャクソン
出演 Yahoo!映画参照
会場 TOHOシネマズ府中
料金 0円(ポイント鑑賞)

【あらすじ】
 ホビット3部作の最終作。人間、ドワーフ、エルフ、オークが最終決戦する話。

【評価 7点(10点満点)】
 前作がまさかの終わり方だったので早く続き見たいと思ってたら、3作目が年内と早い公開で逆に1年は間開けてもいんじゃないかなと思ったり。

 3部作最後だからまた3時間くらいあんじゃないかと思ったら、思いの外短かったかな。

 やはりピーター・ジャクソンの大合戦のシーンは凄いですね。あの迫力はそうそう越えられないよ。でもなんかROTLと比べるとなんかあっさりしてる感がありますね。まぁあくまでもホビットが主人公ということなんでしょうか。

 それにしてもよくオーク達に勝てましたよ。トーリン達が参戦したってほんの数十名で数的には足りないのに、流れががらりと変わっちゃったし。これまでの作品からすると彼らが一騎当千の強さがあるとは思えないんですけどね。

 それよか人間強くないですかね?だって兵士でもない普通の人なのにオークとかトロル倒すし。街に攻め込まれた時、普通に全滅すると思いましたよ。バルドめっちゃ強いし。ドラゴンも倒したし今作で一番活躍してましたね。しかし、どうしてもオーランド・ブルームに見えて仕方ない。

 むしろエルフの兵士弱すぎないかって感じ。王様は見かけだけじゃなく、ちゃんと強かったけど。

 あとガンダルフ、なぜ魔法を使わないで杖で殴ってオーク倒してんのかな?捕まってて弱っちゃったからMPなくなったのかな?


 いやーしかし、トーリンやキーリーが死んじゃうのはちょっとショックですかね。キーリーはそれっぽいフラグ立ってましたけど、トーリンまでやられるとは・・・。


 これで彼らの旅が終わるとなるとやっぱさみしいです。これはまたROTL3部作を見直したくなりましたね。時間ないけど・・・。


・過去作のレビュー
ホビット 思いがけない冒険
ホビット 竜に奪われた王国


クリックしてくれると幸いです。