猿の惑星:新世紀(ライジング)(原題:DAWN OF THE PLANET OF THE APES) 489本目 2014-23
上映時間 2時間11分
監督 マット・リーヴス
出演 Yahoo!映画参照
会場 TOHOシネマズ府中
料金 1500円

【あらすじ】
 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編。エイプのリーダーであるシーザーは森で平和に暮らしていたが、ウィルスで滅びつつある人類と出会ってしまい、新たな争いが生まれる話。

【評価 6点(10点満点)】

 全作品と違ってこれでもかってくらいの戦いが多かったです。その辺がちょっと前作より点数下がりますかね。人間と戦ってさらにエイプ同士での戦いはまぁいんですけど、ちょっと長かったかなーと。

 映像は凄かったです。エイプとかもう本物にしか見えないくらいリアル。つかこの映画のせいで本物に間近で見ると若干怖くなりましたよ。ゲイリーの「アニマル!」ってセリフ分からなくもないです。

 まぁでも知能を持つとエイプも人間と同じ暴力的になってしまうんですかね。同じ種族なのにちょっと違うだけですぐに争い事になって殺し合うようになる。やっぱ知識は毒ですわ。

 しかし、シーザーはかっこよかったなー。最初の人間との交渉のセリフは圧倒されました。

 さて次回作くらいでもう完全に地球がエイプに支配されて自由の女神が壊されるんですかね?

・過去作品のレビュー
猿の惑星:創世記(ジェネシス)


クリックしてくれると幸いです。