X−MEN:フューチャー&パスト(原題:X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST ) 479本目 2014-13
上映時間 2時間12分
監督 ブライアン・シンガー
出演 ヒュー・ジャックマン(ウルヴァリン) 、 ジェームズ・マカヴォイ(チャールズ・エグゼビア)
    マイケル・ファスベンダー(マグニートー) 、 ジェニファー・ローレンス(ミスティーク)
    ハル・ベリー(ストーム) 、 ニコラス・ホルト(ビースト)
    エレン・ペイジ(キティ・プライド) 、 ピーター・ディンクレイジ(ボリバー・トラスク)
    エヴァン・ピーターズ(クイックシルバー) 、ダニエル・クドモア(コロッサス)
会場 TOHOシネマズ府中
料金 0円(ポイント鑑賞)

【あらすじ】
 ミュータント抹殺兵器「センチネル」が人類までも抹殺するようになってしまったので、それを阻止する為ウルヴァリンが過去に戻って奮闘する話。

【評価 8点(10点満点)】

 前作がXメンシリーズ最高傑作で今回も過去の話でキャストもそのままだけど、監督マシュー・ボーンじゃなくなってるからどうなんのかなと思ったら、やっぱ面白かった。

 まぁなんか色々矛盾点が気になるとこですけど、私の中ではシリーズでは2番目に良かったかなと。やっぱミュータント同士の激しいバトルじゃなく、ミュータントと人間とのドラマって部分がいいんですよね。


 シルバーなんちゃらちょっとチートすぎるっしょ。刑務所から脱出するシーンはお気に入りなんですけど、あれほぼ時止めてると同じじゃないですか!ザ・ワールドじゃないですか。マグニートーより強いんじゃないすか。

 冒頭で戦ってた新しいミュータント達、やられちゃったけど見事な連携でかっこよかったですね。

 あとで知りましたが、オマール・シーがいたんですね。残念ながらプロフェッサーの車椅子を押すシーンはなかったです。それより掟ポルシェさんがいて割と衝撃だった。そっくりすぎでしょ、あれは。

 Xメンシリーズはまだまだ見たいですけど、今後新作が出るとしたらどうなんすかね。今回の後の話になるのかな?でもジーンが生き返ってるんですけどー。

クリックしてくれると幸いです。