LONE SURVIVOR
ローン・サバイバー(原題:LONE SURVIVOR) 476本目 2014-10
上映時間 2時間1分
監督 ピーター・バーグ
出演 マーク・ウォールバーグ(マーカス・ラトレル) 、 テイラー・キッチュ(マイケル・マーフィ)
    エミール・ハーシュ(ダニー・ディーツ) 、 ベン・フォスター(マシュー・“アクス”・アクセルソン)
    エリック・バナ(エリック・クリステンセン) 、 アレクサンダー・ルドウィグ(シェーン・パットン)
会場 TOHOシネマズ六本木
料金 1350円

【あらすじ】
 実際にあったアフガンでの危険な作戦を元にした話。

【評価 6点(10点満点)】
 実話を元にした戦争映画って難しいですね。なんせ既にタイトルから一人だけ生き残るってネタバレしてますから、あまり緊張感が感じられないんですよ。他の3人は死んじゃうんだよなーって。

 まぁ過程を見る映画ですかね。過酷な状況下でどうやって生き残ったのか!ってのを。確かに見どころはそこですかね。戦闘シーンが見ててとても痛々しい。

 岩山での戦闘なんですが、ミサイルとかで吹っ飛ばされると岩の上を転げ落ちるんですよ。そこが普通死ぬだろって思うくらい痛そうなんですよ。

 驚いたのは敵と同じアフガン人に助けられて生き残ったことですね。流石に全国民がアメリカファックイェーではないとは思ってますけど、撃ち合ってまで助けるとか掟の威力凄いっすわ。まぁどんな悪であるとう助けてしまう危険もあるんですけどね。

 作戦としては正直大失敗としか思えませんが、アフガン全てが悪ではないって分かったのが成果ですかね?


クリックしてくれると幸いです。