ソゥルヘイマル氷河ツアーのお昼

●4日目 9月26日(木) 夕方(アイスランド日付)

 氷河トレッキングを終えバスに戻ると軽食が配られました。お昼食べてなくて丁度お腹が減っていたので嬉しい反面ちょっと苦手な野菜が・・・。

 あともう16時なんですけどね。

 提供されたのはサンドウィッチとドーナツとオレンジジュースなんですが、行きにも通ったすげー揺れる悪路で配るから落とさないようにするのに必死で食べるどこじゃないし!

 多分具ちょっとこぼれたよ。食べれたとしても気持ち悪くなるわ!!

 でも他の人は笑いながら普通に食べてました。私は悪路を抜けるまで待ったので一番食べるの遅かったです。外国の人すげーなー。

スコゥガフォス
 サンドウィッチを食べ終えると滝に到着しました。スコゥガフォスです。

 この氷河トレッキングツアー、トレッキングするだけでなく滝の見学もあります。

 凄い滝ですけど何よりまずトイレに駆け込みました。意外と耐えられましたけど、トイレ問題はどうにかしてもらいたいですね。



スコゥガフォス
 すっきりして滝見学です。

 アイスランドでは最大級の落差60mもある滝です。周りは平地なのにいきなりドーンって壁みたいに聳え立つ丘がいかにもアイスランドの滝らしくて良いですね。日本じゃ見られない滝です。

 

スコゥガフォス
 グトルフォスも激しかったですけど、私はこっちの方がなんか好きです。

 スコゥガフォスの意味は雑木林の滝だそうです。周辺に雑木林は全く見えませんけど。

 近くに行くと水飛沫が凄いです。ここは流石に滝浴び修行はやったらダメですね。首がへし折れると思います。



スコゥガフォス
 大量の水が流れていきます。

 残念ながらここでも虹は見られませんでした。やっぱ晴れてないとダメなんですかね?



スコゥガフォス
 この先は海になります。

 この崖はかつては海に面していたと考えられてるそうです。それから陸地が広がってこうなったとか。


スコゥガフォス
 丘に登れて上から滝も見れます。

 ですが残念ながら時間切れで行けませんでした。なんせ見学時間が20分くらいしかなかったんで・・・。うーん、もうちょっと見たかったんですけどねー。残念。





 実はもう一つ滝を見学する予定があったんです。そこは滝の裏側から見学できることで有名なセリャラントスフォスです。

 ツアー内容には時間が許せば見学しますとありましたが、どうやら許されなかったようでそのままレイキャビックに戻ることになってしまいました。

 ここも見学したかったんですけどね。残念過ぎる・・・。あれですかねクライミングに時間掛けすぎたんですかねー。もっと少人数だったらすぐ終わっていけたかも知れないですが仕方ないです。


 帰りは途中休憩なく真っ直ぐ帰宅。まぁ帰りはぐったりでほぼ寝てましたからね。

 そして各ホテルまで送迎。私はまたしても最後・・・。フォスホテル・バロンは位置的にあんまよくないんすかね?

 19時頃にホテルに到着すると、今日もやっぱりオーロラツアーは中止のお知らせがありました。

 まぁ今日は氷河トレッキングツアーで帰りが遅くなって参加できないので、むしろ中止でないと悔しいことこの上なしですからね。中止でよかった!



BONUS
 ちょっと休んで夜の街を見学することにしました。

 お土産探しに別のスーパーへ。アイスランドではお馴染みにボーナスというスーパー。ホテルから5分くらいのとこにありましたが、残念なことにもう閉まってました。



BONUS
 ボーナスのマスコット?豚がかわいいですね。



ハットルグリムス教会
 スーパーでお土産物色ができなかったので、ハットルグリムス教会に行って見ました。

 予想通りライトアップされててきれいです。



ハットルグリムス教会
 エリクソン像と教会。

 中には入りませんでしたが、この時間でも展望台には行けるんですかね。レイキャビックの夜景も見てみたかったですけど。



レイキャビック
 ホテルから近いお店が並んでるとこ。そこそこ人がいましたが、やはり首都の夜としては断然少ないですね。お店もそこそこやってるんですけど。

 まぁそれもアイスランドってことで騒がしくなくてよいです。

 
 そんな感じで散歩してホテルに戻りました。氷河ツアーで夕方頃に食事してあまりお腹すいてなかったので、夕食は持ってきた物で簡単にすませんました。


 さて明日は帰るのでレセプションに送迎のお願いをしなくてはなりません。会話集をそのまま読みましたが、レセプションの人がすぐ察してくれてあっさり済みました。

 しかし、今回はレセプションと会話する機会が多かったです。流石にもうちょっとスラスラ話せたらなぁって思いました。練習せんとね。


・旅行記16へ

・旅行記18へ


クリックしてくれると幸いです。