ハルパ

●3日目 9月25日(水) 夜(アイスランド日付)

 ブルーラグーンでひとっぷろ浴びてきて、18時くらいにホテルに戻りました。一応今夜もオーロラハントツアーがあるかもしれないんでね。

 ホテルに戻ってきた時にはまだ中止の報せが無かったので「もしや?」 と淡い期待をしましたが、19時に見に行ったら昨日と同じく中止の知らせがでてました・・・。

 明日は別のツアーでオーロラハントツアー開始までに戻って来れないのでここでアイスランドでのオーロラ鑑賞は完全に終了です。ちっきしょー。


 昨日はオーロラハントツアーに備えて夕食はカップ麺で済ましましたが、今回は時間ができたので外に食べに行くことにしました。

 小雨の中海岸沿いの道を歩いてハルパ経由で目的のレストランに向かいました。夜のハルパはライトアップされててよりかっこいいですねー。


シーバロン
 暗い中人気の無い夜のレイキャビックを歩くこと20分、辿り着いたのがシーバロン(The sea baron)という小さなレストランです。

 ここではなんと鯨が食べれるんです。アイスランドらしい食べ物を食べようと思い、ブルーラグーンからの帰りのバスでスマホで調べたらここが引っかかりました。

 鯨が食べられて1人でも気軽に入れそうな店ということでここにしました。


シーバロン
 レストランの場所事態は迷わず見つけられましたが、入り口も2つあるっぽくてどっちから入っていいのか分かりませんでした。

 私は1枚前の写真のところから入りました。



シーバロン
 20時くらいに入りましたが、店内はそこそこ人がいました。外観通りで中もこじんまりとしています。

 ここはレジで注文して支払いも先に済ませます。当然クレジットカードで払いました。

 レジ横直ぐにバーベーキューみたいな串が並んでて、そこホエールステーキと書いてある生肉があったのでまずそれを注文。

 そしてネットではロブスタースープがお勧めとあったのでそれも注文。レジの真下に張り紙があったので店としてもお勧めのようですね。

 あと海外だから飲み物も頼まないといかんなと思ったらなんと水はタダ!!流石水道水が限りなく天然水に近いという国ですね。

 しかも軟水だから日本人にも合う!水でお金を取ろうとしないってのが素晴らしいです。

 海外のレストランで水が無料なんて初めての経験なんで若干感動です。日本とアイスランド以外で水が無料ってとこはあるんですかね?

 まぁアイスランドもこのレストランしか行ってないから全部が無料なのかは分かりませんけど・・・。

 つかむしろ水としては最高級レベルだと思うので、むしろお金を払っていいかも?

 ちなみにお酒は明日のツアーの事情で飲むことができません。



シーバロン
 私が入った方はこんな長テーブルのカウンター席。これは1人でも入りやすいですね。椅子は丸太のようなのなんで長くは座るのは辛いですが。

 反対側にはテーブル席があるっぽいです。


ロブスタースープ
 まず最初に出てきたのがロブスタースープ(1250ISK)。フランスパンも付いてきました。

 ロブスターの具がもうちょっと欲しいところですが、評判通りの美味しさです!まろやかな味でほんのりと出てくるロブスターの味。これは是非飲んで欲しいですね。 



鯨のステーキ
 そして目当ての鯨のステーキ2切れ(1800ISK)。

 実は鯨を食べるのがこれが初めて。日本でも食べれますけど、どこかしこで食べれるもんじゃないですからね。日本で食わずにアイスランドで初の鯨を食することになりました。

 まぁ世界では鯨を食べるなって方も結構いるようで、その辺は難しい話なんで深く言及はしませんけど、知的生物だから食べるなって意見は違うかな思います。何故なら豚が知的生物だから。(銀の匙からの知識です)

 豚すら食わないってなら何も言いませんがー。 


鯨のステーキ
 焼き加減は特に何も言わなければこんな感じ。

 さて味の方ですが、正直そんな美味しくないです。哺乳類なんですが海にいるせいなのかなんか鰯っぽい味がして、牛ステーキとは全然違う味です。

 私の親は学校の給食で鯨を食べてた世代でもう食べたくないって言ってますが、私ももう自分で金払って食べようとは思わないですかねー。つーことで某国の捕鯨の邪魔してくる方々、ご安心を。


シーバロン
 そんな味でしかも2切れあるんで完食するのが大変でした。つか既にロブスタースープでほぼ満腹になりかけてましたし。ステーキは1切れでよかったですよ。

 付属のソース(もうどんな味か忘れました)に飽きてきましたが、そこは色んな調味料があったので醤油とケチャップでなんとか食べきりました。まさか醤油があるとはね。ソイキングって大豆の王様ですか。

 気付いたら21時と入店してから1時間も経ってました。満腹で満足です。

 
アイスランドの機関車
 帰りは雨が弱まったので傘はささずに帰りました。

 その道中に発見した機関車。アイスランドには鉄道がないのでレアですね。説明を見る限り昔実際に使ってたやつっぽいです。


アイスランドの沿岸警備隊
 ハルパ近くの港に停泊していた沿岸警備隊の巡視船艇です。

 アイスランドは軍隊を持たない国ですが、漁業保護の為に沿岸警備隊がいるそうです。1958年から始ったタラ戦争ではイギリス軍と銃撃戦を行ったそうです。

 こんな小さな国にタラを巡って戦争とかイギリス大人なげないっすね。


ハルパ
 より暗くなっての夜のハルパ。



ハルパ
 ちょっと離れてみると外灯が結構明るくてそんなに暗く感じないです。





 中はどんな感じで光ってるのか見とけばよかったと後悔。



レイキャビック
 夜の海岸線。

 車はそれなりに走ってますが、人通りはほぼ皆無。2,3人ランニングしてる人とすれ違ったくらいですかね。



レイキャビック
 街は明るいですが、海方面は真っ暗です。

 目を凝らしてもオーロラは見えません・・・。試しに写真を撮っても真っ暗な画像にしかなりません・・・。



レイキャビック
 今日の朝に1回見に行ったヴァイキング船の彫刻「Solfar(Sun Voyager)」。外灯の光でなんかよりかっこよくなってます。

 朝と変わらず誰もいなくて撮影し放題です。今回は風もなくてゆっくり撮影できました。

 
 そして21時半頃にホテルに到着し、風呂に入って寝ました。なんか3日目は街中散歩して温泉入っただけと振り返るとあんま大したことしてないっすね。


・旅行記12へ

・旅行記14へ


クリックしてくれると幸いです。