ブルーラグーン

●3日目 9月25日(水) 午後(アイスランド日付)

 結局バウチャーの予約が今日になってるかの確認がとれないままお迎えの時間である12:30になってしまいました。もうアイスランドドリームさんを信じてホテルのロビーで待機します。

 すると既に迎えが来ておりすぐにバスに乗り込むことに!ちゃんと変更の対応されてました!よかったぁぁぁぁ。

 迎えの小型バスはレイキャビック・エクスカーションズでWi-Fiが繋がるのですぐにメールをチェック。返信は送信した丁度1時間後に来てましたね。

 文面から察するにこの時のメールで変更したようで、日本での予約時に間違ってたみたいです・・・。まぁ無事ブルーラグーンに行けるので良しとしましょう。

 でもメール送信の1時間内でで対応してくれたのは素晴らしいことでしょう。日本時間だと21時なんですけどね。メールを送信した時は慌ててて時差なんて気にせず送ってました。つかちゃんと自分で確認しとけって話ですけど。

 海外でスマホの恩恵を受けた最初の出来事でした。

 途中でいくつかのホテルによって他の客をピックアップしました。

 ちなみに天気なんですが、午前ほどではないにしろ雨は降り続けてます。

 そんな天気なんであんま行く人いないんだろうなーと思ってましたが、予想外に結構いました。濡れるに代わりはないし、むしろ海外の人の方が雨を気にしませんしね。


ブルーラグーンのチケット
 昨日のツアーと同じくまずターミナルへ移動。そこの受付でバウチャーを渡し、ブルーラグーンの入場と送迎バスが一緒になったチケットに引換えます。

 小型バスに乗って再び移動を始めるとホテルヴァイキングの目の前で大型バスに乗り換えます。なんか乗換えが多くて面倒ですね。


ブルーラグーン
 ブルーラグーンが近くなってくると景色は昨日見た別世界の苔と岩の風景に。

 そしてバス内までにくる強烈な硫黄の臭い・・・。ブルーラグーンが近い証拠ですね。ちなみに入るとこは全く臭わないのでご安心を。



ブルーラグーン
 ホテルから約1時間20分でブルーラグーンに到着。

 この写真だけ見ると、これから温泉に向かうとは思えませんね。見渡す限りのごつごつの岩山ばかり。



ブルーラグーン
 温泉施設が近づくと見えてきました、温泉が!

 おおっ!キレイな青ですねー。本当にブルーです。


ブルーラグーン
 ここが温泉施設の入り口。

 バス停から3分程掛かります。


ブルーラグーン
 内部はキレイでオシャレな感じです。日本の温泉とは違いますね。

 受付で既に結構並んでてちょっと待つことに。雨でも人気なブルーラグーンです。

 ようやく受付が回ってきてロッカーのキーを受け取って簡単な説明を聞きます。説明はちょっとしか分かりませんでしたけど、事前にちゃんと予習してきたので大丈夫なはずです。


ブルーラグーン
 更衣室へは靴を脱いで下駄箱へ。海外で靴を脱ぐことなんてあまり無いので新鮮です。ロッカーじゃないのでちょっと盗まれないか心配ですが、アイスランドなんで大丈夫でしょう。

 いきなりロッカーの鍵を開けるのに手こずりましたが近くの外人が教えてくれました。サンキューです。 

 ロッカーを開けると内側に使用説明が書いてあります。その中になんと日本語がありました!これはビックリです。思った以上に日本人アイスランドに来てますね。

 ロッカーのキーは電子で空いてるとこならどこでも使えます。ハイテクですけど使うロッカーの番号はキーに表示される訳じゃないので、番号は覚えておかないいけません。なんかむしろ不便な気がするんですけど・・・。

 水着に着替えて温泉に浸かる前にはシャワーで念入りに体を洗わないといけません。

 事前情報では監視委員が厳しく注意するらしいとのことでしたが、特にそんな様子はありませんでした。人によるんでしょうかね?



ブルーラグーン
 そしていよいよブルーラグーンへ!

 しかし施設から外に出ると寒い!!!

 シャレにならんくらい寒すぎです。すぐにでもお湯に入らないと死んでしまいますよ、これ。でも走ると危ないので可能な限り早足でお湯に入りました。

 施設内にも風呂があるのでちょっとそこで温まってから出た方がいいかもですね。ほんのちょっとの距離なんですが、秋冬はヤバイですよ。

 

ブルーラグーン
 正直海外ではあまり露天風呂には入りたくないんですよね。勝手な想像ですけど、みなさん日本人みたいにそんなキレイじゃなさそうですし・・・。

 フィンランドやペルーでも温泉に入れる機会はありましたけど入りませんでした。

 まぁでも流石に世界最大の露天風呂ってなると入ってみたい衝動に駆られますね。ちゃんとシャワーを浴びて入るようになってますしね。

 温度は温いですね。場所によりけりなんで、寒く感じとこもあればちょっと熱いかなって思うとこもあるんで色々移動して試してみてください。まぁ人が沢山いるところが適温なんでしょうかね。

 でもやっぱ日本人としては物足りない熱さですかね。外が寒い分余計感じます。



ブルーラグーン
 深さはちょっと中腰くらいで肩まで浸かれる感じですかね。(私の身長は170くらいです)

 日本みたいに座ってられるような場所は殆どないですね。打たせ湯があってその近くに座れる場所がありましたが、そこは温いです。その辺がちょっと不満ですかね。

 プールで見かけるヘルパーが置いてあるので、足を浮かせてみようと試してみましたがうまくいきませんでした。あとやっぱ浮かんでると寒いのでそもそも間違いでした。

 とりあえず風呂を一周してみたり、美白に効く泥パックを顔面に塗ったり。

 それにしても温泉ってのはメガネっこにはつらいとこですね。小さいとこならなんとか裸眼でもなんとかなるんですが、こんだけ広いとちょっとメガネなしはつらいですね。

 メガネを着けて入る場合は細心の注意が必要です。このブルーな温泉で世界最大の広さ。落としたら絶対見つかりませんから!!


 そんなんで1時間半くらい浸かってました。熱さは物足りないですが、温い分長く入ってられますね。雨は相変わらず降ってますけど、まぁ濡れてるんで全然気になりませんよ。

 ちなみに浸かりながら酒も飲めます。キーを使って購入して、出る際に精算するそうです。私は出てから飲みたいので温泉内では飲みませんでした。


ブルーラグーン
 風呂をであとは軽食コーナーで一休み。丁度バスが来る時間でしたが、ゆっくりしたかったんで次のバスまで待つことにしました。

 Wi-Fiも繋がるんで退屈しませんし。



ブルーラグーン
 ストロベリースキールのスムースとチョコレートを購入し、風呂上りにまったり。

 ちょっとゆっくりし過ぎて気づいたらバスの時間に!ショップをじっくり見る時間がなくなってしまいました!!とりあえずハンドクリームを購入結構高かったです・・・。でも、その分の効果はあるはず!

 つか空港の方が安く帰るから空港で買った方が良かったです・・・。デンマーク乗換えなら乗り継ぎでの持ち物検査ないから液体物気にする必要ないですし。




 バス停に行くと既にバスが停車してました。乗る際にチケット渡してホテル名を告げます。

 レイキャビックのターミナルに戻ると1回バスを下ろされましたが、またそのバスに乗ることに。運転手の手際悪いです。

 今回はホテルの目の前までちゃんと送迎してくれました。


 小雨の中入ったブルーラグーンですが、ここも是非行って欲しいとこですね。なんつっても開放感が普通の露天風呂と段違いです。まぁ晴れてればより一層感じれると思いますけど。


・旅行記11へ

・旅行記13へ


クリックしてくれると幸いです。