THE HOBBIT: THE DESOLATION OF SMAUG
ホビット 竜に奪われた王国(原題: THE HOBBIT: THE DESOLATION OF SMAUG) 472本目 2014-06
上映時間 2時間41分
監督 ピーター・ジャクソン
出演 イアン・マッケラン(灰色のガンダルフ) 、マーティン・フリーマン(ビルボ・バギンズ)
    リチャード・アーミティッジ(トーリン・オーケンシールド) 、 ベネディクト・カンバーバッチ(スマウグ)
    オーランド・ブルーム(レゴラス) 、 エヴァンジェリン・リリー(タウリエル)
    リー・ペイス(スランドゥイル) 、 ルーク・エヴァンス(バルド)
会場 TOHOシネマズ府中
料金 0円(TOHOシネマズチケット)


【あらすじ】
 ホビット三部作の第2章。ドワーフ王国を取り戻す旅でエルフに出会って、いよいよドラゴンとの対決が始まる。

【評価 7点(10点満点)】
 正直このシリーズはストーリーよりあの世界観に浸るのを楽しむ映画ですかね。ニュージーランドは是非とも行きたい国です。

 相変わらずドワーフ共はビルボとガンダルフに頼りっぱなしで我儘ですなぁ。

 今回の目玉はなんといってもエルフのレゴラス登場ですね。変わらぬイケメンと弓捌きでした。

 アルゴランはでないのかなーと思って調べたら、そもそも原作に登場しないんですね。それでも最後にチラっととかでも期待はしてます。

 楽しめたのは樽に乗って川下りでの戦闘シーン。まさに川の流れのように敵を倒していくのは面白かったです。

 あとはドラゴンは罠にハメるとこですかね。あーゆー連携プレイは流石ドワーフです。まぁ倒せませんでしたけど、見事決まった時はすかっとしますね。

 それにしても、ドラゴン倒さず次回ってそこで切るとは・・・。次回作なるべく早く公開して欲しいです。


クリックしてくれると幸いです。
ポッチットナ