カストロップ国際空港

●1日目 9月23日(月) 夜(アイスランド日付)

 アイスランド航空の飛行機に乗ってアイスランドへ向かいます。この便は満席ではないので希望の窓側席が取れました。でも、一番後ろの席だったのでリクライニングができませんず・・・。

 座席のディスプレイはスカンジナビア航空よりきれいでサイズも大きいです。まぁ日本語のコンテンツはないんですけどね。ただUSBもあるのでスマホの充電もできるのがありがたいです。

 外は真っ暗なのでもしかしたらオーロラ見えるかも?と期待しましたが、真っ暗のままで何も見えませんでした。食事も有料だしすることないのでないので寝てました。

 乗客には結構日本人がいました。アイスランドに来る人なんてあんまいないと思ってましたけど、それなりに行くようですね。


 コペンハーゲンから約3時間で無事レイキャビックのケプラヴィーク国際空港に到着。外を見ると雨が降ってるようで初日はオーロラは見れなさそうでがっかり・・・。

 アイスランドはEUに加盟してませんがシェンゲン協定の加盟国なので、アイスランドでの入国審査はありません。楽なのはいいですけど、パスポートにはアイスランドではなくデンマークのスタンプしか押されないのはちょっと残念。

 手荷物受取り場所に行くと、すぐ近くにお土産屋がありました。

 ここでちょっとお得情報。

 アイスランド・クローナはアイスランドでしか両替できず、両替には当然手数料が掛かります。ですが、空港では手数料なしでクローナを手に入れる方法があります。

 空港では日本円が使えますが、お釣りはクローナになります。なので1万円で安い物を買えばそのままクローナが手数料なしで入手できるとwikiに書いてありました。

 私はこの記事を書いてる時に知ったので普通に銀行で両替しましたけど。通貨の両替にそんな裏技があったなんて・・・。確かにHISに貰ったしおりにも日本円使えるって書いてましたけどその裏ワザまでは書いておらず。

 これはいいことを知りましたが、またアイスランドに行くことがあってもクレジットカードで事足りるのが分かったのでこの技は使わないですかね。コインもコンプリートしたし。


 手荷物を受け取るとすぐにスーツケースからダウンジャケットを取り出しました。流石にそのまま外に行くと死にますからねー。空港内でも既に若干寒かったです。


 今回は現地係員が迎えに来てホテルまで送迎はなく自分でバスに乗らないといけません。アイスランドにはHISの支店がないからですかねー。

 現地の緊急連絡先も株)ヴァイキングという別の会社なんで、アイスランドについては殆どそこに委託してるんでしょうね。

 フィンランドで経験してるので迎えがないのにはそんなに不安はないです。


 ホテルまではエアポートバスに乗っていきます。ツアーに付いてたバウチャーを窓口に見せてチケットをバスチケット往復分取得とあったんですが、そのまま乗れって言われました。帰りもバウチャーのままで乗れました。

 エアポートバスに無事に乗れましたが、なかなか出発せず22時頃にようやく出発。でもバス内でWi-Fiが繋がるのでスマホで時間潰してました。

 最初空港近くだからWi-Fiが繋がると思ってましたが、空港から出発しても繋がってます。

 なんとバス自体にフリーWi-Fiがあるんですよ。レイキャビック・エクスカーションズという会社のバスなんですが凄いですね。京成バスは繋がらんのになー。


 1時間くらいでバスセンターに到着。ここからホテルの地域別に向かうシャトルバスに乗り換えます。ホテル名を言えばどのバスに乗ればよいか分かります。



フォスフォテル・バロン
 そしてようやく宿泊するフォスホテル・バロンに到着!時刻は既に23時です。長かったー。

 写真が明るいのは翌日の朝撮ったからです。到着時は真っ暗でどんな外観すら分かりませんでした。


フォスホテルバロン
 着いた時は真っ暗だったんで分からなかったんですが海がすぐ近くです。

 チェックインを済ませ、部屋へ移動。鍵はカードじゃなくて普通の鍵でした。



フォスホテル・バロン
 エレベータに乗ると朝食の時間が書いてありましたが、なんとそこに日本語が!!

 日本語があるってことは結構日本人が来てるってことですよね?地球の歩き方がないってのに、思ってたよりみんなアイスランドに行ってますねこりゃ。

 そして他のアジアの言語がないってことは、アイスランドはまだ奴らに汚染されてないってことですね。ギリシャにも結構いましたからねー。これはゆっくり観光できそうです。



フォスホテルバロン
 部屋はこんな感じ。屋根に窓があるなんてオシャレですねー。もしや天気がいい日は寝ながらオーロラが見れるってことですか?

 ツインですが、2人で使うにはちょっと狭いです。

 部屋は快適な温度でした。


フォスホテルバロン
 TV、ポットとインスタントコーヒーがあります。冷蔵庫はありませんが、寒いとこなんで飲み物が冷えなくても問題ないです。

 冷たい飲み物が欲しければ水道水を飲めばよいし。アイスランドの水道水は限りなく天然水に近い軟水です。日本の水道水よりきれいで安全ですから。
 
 ただ壁に掛かってる時計は止まってました・・・。


フォスホテルバロン
 トイレとシャワー。

 シャワーはなんと温泉が出ます。流石温泉大国!でも硫黄臭いでし、ぬるっとするので体を洗う時こけそうになるというデメリットがあります。

 温泉は嬉しいですけど、やはりシャワーじゃなく湯船でどっぷり浸かりたいですねー。湯船があれば完璧なのに。

 硫黄臭いのが部屋に充満するかと思ったら、シャワーを終えたらすぐに臭いはなくなりました。やっぱその辺はちゃんと考えてますかねー。


フォスホテルバロン
 タオルを変えて欲しい時の説明。

 アイスランドはエコな国です。タオルを変えて欲しい場合は床に置いておかないと変えてくれません。

 こんなん今ままで行った国では無かったですね。なかなか面白い文化です。



フォスホテルバロン
 昼間に窓から外を見た時の景色、その1。



フォスホテルバロン
 窓からの景色、その2。屋根でなんか作業してる人がいました。



フォスホテルバロン
 ホテル入り口の反対側には24時間営業のスーパーがあるので便利です。位置的には私の部屋の真下辺りと思われます。

 しかし、1011って711のぱくりっぽいっすね。

 受付も親切に対応してくれて、なかなか良いホテルだと思います。

 Wi-Fiについてはチェックイン時に貰ったパスワードのカードには有料って書いあったので最初は使うのを控えてました。

 でも緊急事態があって使ったので「仕方ない払うかー」って思ってたらチェックアウト時に料金請求されなかったので多分フリーだったみたいです。一応チェックイン時に各自確認して欲しいですが。

 
 到着早々天気の悪さに不安を覚えつつも、いよいよ明日から観光開始です。晴れることを祈って寝ました。

・旅行記3へ

・旅行記5へ



ポッチットナ