スカンジナビア航空

●1日目 9月23日(月) 朝(日本日付)

 アイスランド旅行初日。行きの飛行機のチェックイン時間は9時40分です。

 前回のカンボジア旅行の時よりは遅いですが、それでもかなり早起きして行かないと間に合わない時間です。

 良い席を取りたいのでいつも通りチェックインの1時間前には到着できるように家を出ました。5時起きです。

 これまで成田には上野から京成電鉄に乗って行ってましたが、今回は違う方法で行ってみました。

 それは京成高速バスの東京シャトルです。

 カンボジア旅行の時に発見しましたが、その時は事前に成田に泊まらないと間に合わないので利用できませんでした。

 東京駅から900円(事前予約の場合)で約1時間ちょっとで着くというのなかなか良い条件なので今回初めて利用してみました。

 乗り場は事前に下見済みなので当日は迷わず行けました。

 すぐ近くにコンビニがありますが、トイレは東京駅で済ましておくと良いです。


 乗り場に着くとまだ前の便のバスが停車しています。前の便は人が多くほぼ満員な感じです。

 しかし、時間になってもなかなか出発しません。というか出発できる状態になってませんでした。

 なぜなら乗客の確認、荷物の収納を運転手1人でやってるからです。

 早朝だからなのかもしれませんが、1人は厳しいでしょー。満員になったら遅延は必然じゃないですか!結局10分くらいは遅れてましたかね。

 そんな様子を見て私の乗る便も遅れるのではないかといきなり不安になりました。


 しかし、私の便は予定通り出発しました。まぁバスをネットで予約する際に空いてる便を選びましたからね。

 本当は1本後の便が丁度良い時間なんですけど、そこは結構混んでたんでその前の便にしました。混んでたら2人掛けをゆったり使えませんからね。40分も違いがありますけど・・・。


 しかも、なんと予定より10分も早く成田に到着しました!平日の7時20分のに乗りましたが、朝だと道路が空いてるんでしょうかね。これは素晴らしいです。

 では、ざっとメリット、デメリットを紹介します。

 ●メリット
  ・行きは900円と京成電鉄より安い。
  ・前日までにネットで予約できる。(楽天トラベルで予約できるので楽天ポイント付く!)
  ・空いていれば2人掛けの席をゆったり使える。(電車よりぐっすり寝れる)
  ・道路事情によっては早く到着する。
  ・成田航空に着いたらすぐチェックインカウンターのフロア。

 ●デメリット
  ・道路事情によって遅れる可能性が高い。
  ・混んでると知らない人と相席。

 とまぁ、メリットが断然多いということでお勧めです!

 ネットで予約できますが、座席指定まではできません。自由席なんで当日早いもん順です。また、予約なしで当日でも乗れるので、ネットで混み具合はあまりあてにできません。

 予約した人から乗って、その後に当日の人が乗ります。


 意外と外国人も結構利用していました。まぁ基本安い交通手段を選びますから、別に驚くことじゃないですね。私も送迎費掛かる場合はケチってバスで空港に行きましたし。


 想定通りにチェックイン1時間前に成田空港に到着。するともうチェックインできるじゃないですか。

 これはいい流れだと思いきや、既に通路側の席が取れず・・・。マジすか。

 満員ってそんなに北欧行く人いるのかよ。せっかく早く成田に到着できたのに、早々に出鼻をくじかれました。

 チェックインを済ませたあとはマックで朝食を食べ、蔦谷でスピリッツを立ち読み。

 前回の反省を活かし搭乗1時間前には出国手続きを済ませました!まぁゴールデンウィークほど混んでませんから余裕でしたね。

 また今回は事前に両替はしませんでした。なぜならアイスランドクローナは日本で両替きないからです。

 なによりアイスランドはクレジットカード社会なので現金も必要ないとこのこと。

 いやー外貨を持ってく必要ないって楽ですねー。

 でも、申し込んだ現地ツアーで現金が必要なので向こうで両替しないといけないんですけど。よく考えたら現地での両替の方が圧倒的にめんどい・・・。


 出国手続き後、搭乗ゲート付近を散歩していると時間つぶしにいい場所を発見しました。

 それはインターネットコーナー。

 現在はPC持ち歩く人もいるし、スマホもあるのでそこで金払ってネットする人は少なくなり、置いてあるPCも減ってるようですが、その空いたスペースは自由に使えて、なんとそこは電源があるんですよ!

 よく柱にある電源にPCのながーいケーブルを挿してて足が引っかかりそうになって邪魔だなーと思うことがありますが、ここならそんな心配なし。スマホの充電が余裕でできます。意外な穴場でした。

 暇つぶし用に購入しておいた電子書籍を読んで時間を潰し、いよいよ搭乗です。

・旅行記1へ

・旅行記3へ



ポッチットナ