第48回 スーパーボウル
 今更ですが、第48回スーパーボウルが2/3にニューヨークで行われました。

 今回はシアトル・シーホークスVSデンバー・ブロンコスと1位シード同士の対決です。いやー三度兄者がスーパーボウルの舞台に来ましたよ。

 前人未到の5度目のシーズンMVPを受賞し、その勢いで2度目のスーパーボウルを果たして欲しいものです。なにせ弟が当時の兄者のホームで優勝してますからね。今度は兄者が弟のホームで優勝する番です。

 またニューヨークという寒冷地での開催ですが、なんと奇跡的に雪も降らず普段よりは暖かい気温!天候も兄者の味方!!ちなみに翌日は雪降って積もったそうで・・・。


 今回はNHKBSで観戦しました。最初はG+で見てましたが、G+はタイムアウトとかの時間は無音になるのでその時間がどうも嫌なのでBSに変えました。なんであの時間喋らないんですかね?GAORAやBSはちゃんと喋るのに。



過去のスーパーボウル感想は以下。
 第39回 スーパーボウル
 第40回 スーパーボウル
 第41回 スーパーボウル
 第42回 スーパーボウル
 第43回 スーパーボウル
 第44回 スーパーボウル
 第45回 スーパーボウル
 第46回 スーパーボウル
 第47回 スーパーボウル


無題

シーホークス 8 14 14 7 43
ブロンコス 0 0 8 0 8


 ブロンコスがスーパーボウル進出ということで会社休んで観戦しました。まぁ風邪ひいてたのもありますけど、しかしまぁちょっと風邪が悪化しそうな結果に・・・。勝ってたら即日記事書いてましたけど、結果が結果だけに記事書くのにもちょっと時間が・・・。

 風邪ひいてなかったらパブリックビューイングに参加しようかなとも思ってましたが、いかなくて正解だったかもしてません・・・。


 いきなりスナップミスでセーフティ謙譲。もうそこからやることなすことうまくいかず前半はシャットアウト。

 まぁでも22点差なら後半逆転できると思ってたところ、後半開始早々にハービンにキックオフRTDを決められる・・・。

 もう途中からせめてシャットアウトは勘弁と祈るのみで、なんとか1TD挙げるも結局得点はそれのみ・・・。兄者の調子の悪さに、途中弟と変わってるのではというジョークもできてきました。でも、本当そのくらいの調子の悪さで、それがよりによってここででてしまうという・・・。

 
 まさかここまで惨敗するなんて誰が予想できたでしょうか。まぁNO1オフェンスだのNO1ディフェンスだのの成績は、全チーム同じ相手と対戦してる訳ではないので一概にNO1とはいえないものかもしれませんけど、ブロンコスのいるディビジョンは3チームもプレイオフ進出してるわけでー。


 まぁシーホークスのディフェンスが凄すぎて、そんでもってオフェンスもミスなくできたってのが勝因ですかね。しかしウィルソンも落ち着きすぎだよ。

 昨年はRG3に新人王をもってかれましたが、たった1年で一気に立場が入れ替わっちゃいましたな。ラックも頑張れ。


 これで兄者はスーパーボウル1-2になりました。これにより大舞台での弱さを払拭できないとか言われてますが、私はそうは思いませんよ。

 兄者はスーパーボウル1回は優勝してますし、3回も出場しています。現役QBで兄者の優勝回数を越えるのはブレディ、イーライ、ロスリスバーガーですが、出場回数ならブレイディのみ。

 ブリーズ、ロジャースは1回優勝してますが、出場も1回のみです。それなのに兄者を勝負弱いとか言うなら、彼らも弱いってことになりますよ。スーパーボウルまでいけてないということは大事なプレイオフで勝ててないってことですからね。

 まぁロジャースはまだ若いから一概にそう言えませんけど、じゃぁキャリア終盤で選手生命に関わる手術をして別チームに移籍して、即優勝を狙えるチームにできるのかって聞きたいですけどね。

 まぁ兄者ファンの弁解ですけど、正直来年も全然期待できますからね。兄者は40まではいけると思ってます。


 ハーフタイムショーではブルーノ・マーズという知らん歌手。バンド名かと思ったらソロシンガーだったんすね。曲調はポップで結構良かったです。調べたらまだデビュー2年なんすね。それでスーパーボウルとか凄いっすわ。

 途中レッチリもゲストに登場。普通はレッチリがメインな気もしますけど。みんなビーチクモロだしでした。


 最後にちょっとプロボウルについて。今回はドラフト形式で例年よりは面白かったです。でも、やっぱりスーパーボウル後もほうがいいです!


ポッチットナ