鑑定士と顔のない依頼人(原題: LA MIGLIORE OFFERTA/THE BEST OFFER) 466本目 2013-37
上映時間 2時間11分
監督 ジュゼッペ・トルナトーレ
出演 ジェフリー・ラッシュ(ヴァージル・オールドマン) 、 シルヴィア・フークス(クレア)
    ジム・スタージェス(ロバート) 、 ドナルド・サザーランド(ビリー)
    フィリップ・ジャクソン(−) 、 ダーモット・クロウリー(−)
会場 TOHOシネマズシャンテ
料金 0円(1ヶ月フリーパス)

【あらすじ】
 天才的な鑑定士かつオークショニアであるヴァージルが、謎だらけの女性に鑑定依頼を受ける話。


【評価 8点(10点満点)】 
 予想外の結末に衝撃を受けた!

 トレーラーを見たことなくてほぼ内容知らずに見たので、途中まではまさかの老人のラブストーリーなのかと思ったら、大どんでん返しの結末。ちょっとあのままハッピーエンドに終わっても良かったのではと思いましたけど、それだとやっぱ普通の映画になっちゃいますからね。

 観客を騙すというような内容じゃないですけど、あの衝撃は凄かったです。そこまでの謎な雰囲気も良かったし、徐々に2人が惹かれてく感じも結構楽しめました。

 しかし、あれはショックすぎますね。初めて愛した女性に裏切られ、生涯掛けて集めた絵画まで盗まれるとかそりゃあんなに元気だったヴァージルが車椅子状態なりますよ。ショック死してもおかしくないですね。

 相手の方もどこまで計画してたんだかって思いますね。ヴァージルはむしろ優れた人間で贋作とかも見抜けるのに、ほぼ想定通りに騙された感じでしたからね。人間って恐ろしいっす。 


 ちなみに大晦日に見に行ったんですが満席で、着いた時には残り2席でギリギリでした。みんな暇なんすかね?それで最前列になっちゃいましたけど、最前列はいかんですね。ありゃ映画見る席じゃないですよ。上向かなきゃ見れないとかダメですよ。背中が痛くなりました。


ポッチットナ