CAPTAIN PHILLIPS
キャプテン・フィリップス(原題: CAPTAIN PHILLIPS) 464本目 2013-35
上映時間 2時間14分
監督 ポール・グリーングラス
出演 トム・ハンクス(リチャード・フィリップス船長) 、 バーカッド・アブディ(ムセ)
    バーカッド・アブディラマン(ビラル) 、 ファイサル・アメッド(ナジェ)
    マハト・M・アリ(エルミ) 、 マイケル・チャーナス(シェーン・マーフィー)
会場 吉祥寺バウスシアター
料金 1000円(メンズデー)


【あらすじ】
 実際にあったソマリア沖で海賊被害にあった船長の話。

【評価 8点(10点満点)】
 やはりこの手の緊張感ある映画はいいですねー。あの手の人間はマジで殺しそうな雰囲気を醸し出してるので、助かるのは分かってるとはいえ最後までハラハラドキドキで鑑賞できました。

 トム・ハンクスの演技も凄かった。なんか久々にトム・ハンクスの凄さを見たって感じ。

 そしてフィリップス船長も凄かった。船長はみんなあんなに凄い人ばっかなんですかね?しかし、海賊対策も仕事のうちって大変過ぎですわ。
 
 正直な意見を申しますと、海賊対策が甘くないですかね?小型ボートの4人にすら防げないとか海賊舐めすぎてますねよ。まぁ乗っ取られてからの対応は見事でちゃんと訓練されてるのは見受けられましたけど。

 最初からちゃんと警備付きにするとか、機銃を装備しておくとか、そもそもソマリアを通らないようにするとかいくらでも対策があるでしょうに。SEALSまで呼ぶ羽目になっちゃうより、そっちの方がお金かからない気がしますけど。

 まぁ海賊なんて犯罪者以外の何者でもないので容赦なくやっちゃっていいと思います。

 
 意外だったのは海賊がちゃんと英語喋れてるとこ。まぁ喋れなきゃ交渉できませんけど、あの若造ですら喋ってましたからね。ソマリア、日本より英語教育上じゃないっすか・・・。


ポッチットナ