そして父になる
そして父になる 458本目 2013-29
上映時間 2時間
監督 是枝裕和
出演 福山雅治(野々宮良多) 、 尾野真千子(野々宮みどり)
    真木よう子(斎木ゆかり) 、 リリー・フランキー(斎木雄大)
    二宮慶多(野々宮慶多) 、 黄升げん(斎木琉晴)
会場 TOHOシネマズ府中
料金 1250円

【あらすじ】
 6年間育てた子供が実は取り違いにより別の子供と発覚し、子供を本当の親の元に戻そうとしていく話。

 
【評価 8点(10点満点)】
 子供が居ない身ではあるが、グッと胸にくる作品だった。まぁ、甥っ子姪っ子がいるので子供に対して優しい気持ちを持つようになったので、大人の都合に振り回される子供を見るととてもいたたまれない気持ちになる。

 病院や親達もどうしてそう簡単に取り替えようという発想になるか理解できませんな。

 私も血より一緒に過ごした年数だと思う。こちとら一般家庭生まれなんで血の重要さはよく分からんのでね。まぁブルジョワとかは血を気にするんでしょうけど。

 多少才能に差がでるとは思いますけど、そんなん育った環境で変わるでしょうし。

 どっちの家族が幸せかと言われるとどっちも長所短所があるの一概にはいけないけど、でも私としては家族とは長く一緒に過ごしたいと思う。まぁ躾はもうちょっとしっかりした方がいいと思いますけどね。

 父、そもそもまだ人として未熟なのでもっと精進しなければと思わされた。

 
 どうでもいいとこで気になったのは、リリー・フランキーがNBAのボストン・セルティックスのライジャン・ロンドのジャージを着ていたこと。いまやチームのエースですけど、なかなか渋いチョイスだな。余程のファンがスタッフにいるとしか思えない。


ポッチットナ