ベトナム航空

●1日目 2013年4月27日(金) 夜(カンボジア日付)

 16時半にベトナムのホーチミンを出発し、1時間掛けてカンボジアに向かいます。

 やはりアジアだと日本人が多いですね。せっかくの海外なんでその辺ちょっとうんざりな感じがしますけど仕方なしですね。

 窓側なので景色が堪能できます。いい雲ですね。やっぱ空はいいなぁ。


 機内では入出国カードを記入しました。書き方はガイドブックを見てばっちりです。

 前回のペルー旅行で出国カードの存在を初めて知りましたけど、カンボジアも出国カードがあるんですね。出国カードは結構よくあるものなんですかね。

 カンボジアは出国カードをパスポートにホチキス止めしてくれるので無くす心配はないです。


カンボジア
 大きな川が見えてきました。なんていう川でしょうかね?

 

カンボジア
 民家らしき地帯も見えてきました。

 この自然の中に家がぽつぽつで発展途上な様子、東南アジアに来たな〜って感じがしますね。



シェムリアップ国際空港
 シェムリアップ国際空港に到着。一見空港に見えない造りがいい味出してますね。

 これまた小さい空港なので、飛行機から降りたらそのまま歩いて空港建物内に入ります。

 だいたいバスに乗るか建物と繋がって入ってたので、これは新鮮。飛行機の撮影も余裕でできます。

 私は入国審査が混まないうちにさっさと進みました。



シェムリアップ国際空港
 手荷物受取りカウンターに置いてあった蛇のオブジェ。でかくてスペースとってて結構邪魔です。


 ここで軽くカンボジアビアの取得方法について紹介します。主は方法は以下の4つ。

  ・カンボジア大使館(窓口申請) 2500円
  ・カンボジア大使館(郵送申請) 4500円
  ・e-visa 28ドル
  ・カンボジアの空港 20ドル

 あと旅行代理店に依頼するという手もあります。HISの店頭で申し込んだ時にも聞かれましたが、確か8千円くらいとか言われたので却下しました。あとパスポートを預けるとか色々面倒そうだったし。

 大使館は日本での取得できる中では1番安いですが、平日でしかも午前中のみ、さらに申請と受取りで2回も行かなければないという手間があります。あと赤坂までの交通費を考えると、結局安くならないかもしれません。

 まぁ、こんな機会しか大使館なんて用がないと思うので、時間がある人は行っても見てもいいかもしれませんけど。

 空港での取得が一番安いですが、英語が喋れず手続きに不安があるのでこれも却下。あと混んだりするらいしです。もちろん写真の用意も必要。


 ということでネットで出来るe-visaで取得しました。円高のせいで28ドル(2803円)でした。

 結構発行に時間が掛かるのかと思ったら、申請した次の日発行とすぐでした。

 写真はスマホで撮影して、「証明写真をつくろう!」というフリーソフトでいい感じのサイズに加工して添付しました。

 カンボジア政府のHPですけど、ちゃんと日本語も対応してるので、入力に難しいとこはないです。

 「e-Visa Approval」という題名のメールで、PDFファイルが添付されています。内容は全て英語なんで、一瞬迷惑メールと間違いそうになりました。そのPDFがVISAです。

 PDFをプリントアウトして、入国審査の時にパスポートと一緒に出せばOKです。入国の時に必要なので1部あればいいですが、念のため2部はあったほうがいいかと。

 30日間有効なので、早すぎる申請はしないように。また28ドル払う羽目になりますので。

 
 入国時は特に何も聞かれませんでした。なんか何も聞かれないのが普通な気がしてきました。アメリカが神経質に聞きすぎなんですって。



シェムリアップ
 空港外に出るとHISのプレートを持った現地ガイドさんが待ってました。

 全員揃うまでちょっと待機。18時ですがやはり東南アジア、蒸し暑くて待ってるだけでうっすら汗が出てきます。

 それなりに人がいたので今回のツアー、結構参加者がいるんだなーと思ったら、同じHISでもまた別のツアーで結局私を含め4人だけでした。

 申し込もうと思った時にオンライン予約が締め切られてたのは、予約がうまっちゃった訳じゃなく、単に期日がせまってただけなんですね。

 GWだからそれなりに申し込む人がいると思ったんですけど、全然じゃないですかー。

 さらにホテルまでの送迎バスで色々説明を聞いてると2人は別のツアー日程でした。


 ホテルまで向かう途中に気球を発見。アンコール・ワットを見る用のやつですね。


 それ以上に気になったる風景があるんですが、なんか遠くの空ですげー雷が光ってるんですけど・・・。

 空港付近は一切雨が降ってませんし、雷の音も聞こえませんので、なんか不思議な感じです。なんか天界で雷様が怒ってるみたいな様子です。



シティーリバーホテル
 空港から約30分、シェムリアップ滞在中に宿泊するシティーリバーホテルです。

 名前の通り、シェムリアップ川沿いにあるホテルです。チェックイン時に水とおしぼりをくれました。

 あとWi-Fi完備なのでパスワードの紙も貰いました。

 今回スマホにして初めての海外旅行なんですが、普通にWi-Fiでネットに繋がってスゲーなスマホって思いました。GPSもちゃんとシェムリアップにいるって表示されてまたスゲーって思いました。



シティーリバーホテル
 木造な感じがいいですね。なんかリゾートな感じします。

 ビーチサンダルが用意されてたので、持ってきたスリッパは使う必要はなかったです。



シティーリバーホテル
 TVはまだ流石にブラウン管です。NHKBSが見れますが、ちょっと映りが悪いです。

 冷蔵庫完備で、ちゃんと冷えます。さらに部屋に置いてあるペットボトルの水はサービス!しかも毎日ちゃんと補充されます。これは嬉しいです。

 電子金庫も置いてあるので、セキュリティもちょっと安心。ちなみにコンセントはCタイプです。



シティーリバーホテル
 ユニットバス。

 ドライヤーがちゃんと置いてありました。アメニティもそれなりに置いてありましたが、どうも海外のは使う気になりませんね。



シティーリバーホテル
 日本人には嬉しいバスタブ。しかも寝そべられる広さ。事前に知っていた情報なので、ちゃんと温泉の元を持参しました。

 お湯もすぐ出るので、部屋の設備に関しては全然文句ないですね。お勧めできるホテルです。


 不満な点は、クーラーの効きが若干弱いかなと。普通にしてる分には問題ないですけど、風呂上りはちょっと汗かいちゃいますね。

 クーラーに関してはホテル全体に関しても効いてませんでしたね。とりあえず廊下は全くついてないので、部屋を出た途端もわっとします。フロントもあまり長居はしたくない暑さです。



ボバアンコール
 今回のツアーは食事も付いてるのですが、唯一この日の夕食だけありません。

 どうしようかと思ってたら、同じツアーに参加してるKさんが声をかけてくれたので一緒に行くことにしました。

 ちょっと休憩して8時にフロント集合にしたところ、なんと大雨・・・。

 最近日本で頻発しているゲリラ豪雨並かそれ以上の凄まじさ。さらに雷が頻繁に落ちてきます。

 天気予報は雨だったので一応雨具の用意はしてきましたが、ここまで豪雨は予想してませんでした。


 8時になっても止まず、とりあえずフロントに行ってKさんと止まないかちょっと待ちましたが、ホテルの人曰く、すぐには止まないだろうとのこと・・・。

 近場にお店はないかと調べたところ、「ボパ・アンコール」というレストランがすぐ隣にあるとるるぶに載っていたので、思い切って行くことにしました。写真は翌日晴れてる時に撮影したものです。

 道路は既に川になってました。まぁ、この雨では水はけが悪いとか言えるもんでもないですね。



シティーリバーホテル
 ガイドブックに載ってる店だから混んでるかなと思いましたが、豪雨のせいか2人しかいませんでした。

 店はオープンカフェみたいな感じなので、雨音や雷の音が良く聞こえます。

 女性店員が雷が落ちる度に怯えてました。てっきり地元の人は慣れてると思いましたが、怖い人はやっぱ怖いんですかね。私らは気にせず飯食ってましたけど。


シティーリバーホテル
 バイヨンというビールと、チキンヌードルとあとなんか肉料理を注文。

 ヌードルはフォーみたいな感じです。まぁフォー食ったことないすけど。まぁまぁ美味しかったですけど、何気にボリュームあってこれでお腹一杯になりました。

 肉料理にはさらにライスも付いて、しかもそれが結構な量。ライスはあんま美味しくないですね。やはり米は日本に限ります。

 
 後でガイドブックを見直したところ、ビーフカレーがお勧めと書いてありました・・・。カレー好きなのに、何故頼まなかったんだろうかと後悔。行く機会があれば是非ビーフカレーを注文してくださいね。


 ここではKさんが年上ということもあり、奢っていただきました。ありがとうございます。

 話を聞くとKさんはこのあとベトナム観光もするそうで、これで私と全く同じ日程の人はいなくなってしまいました。あれまー。

 Kさんはあまり海外慣れしてないのか、ちょっと無用心なところがありました。なんと部屋の鍵が閉められなくてそのまま出てきちゃったそうで、しかも電子金庫も使ってないといいます。

 部屋の鍵に関しては、開いた状態で鍵を掛けて閉めるやつだったので、教えてあげました。まぁ、私もペルー旅行で知ったやつですけど、確かに説明されないと分からないかもですね。

 いや、でも鍵閉めないで部屋をでるとかは考えられませんなぁ。気をつけて頂きたいです。



 そんなこんなで21時半頃にホテルへ戻って、風呂は行って寝ました。帰るころには雨は小降りになってました。


・旅行記3へ

・旅行記5へ



ポッチットナ