アンコールワットのサンライズ
 今年のゴールデンウィークの4/26〜4/29にカンボジアに行ってきました。

 ペルー旅行記で5大陸は全て行ったと書きましたが、日本を除けばアジアは今回が初めてということで、これで本当に全て行ったことになりました。


 まずカンボジア旅行を決めた経緯ですが、今回のゴールデンウィークは3連休・4連休と微妙な長さのお休みがありました。

 「4連休だとヨーロッパは厳しいけどアジアなら行けなくもないかも?」と思い、4月に入ってちょっと検討してみました。

 しかし、やはりゴールデンウィーク、お値段は高くなってますし、人気のツアーは売り切れになっちゃってます。

 なんとか休みをずらせないものかと思ってたところ、丁度休日出勤があってその代休を合わせられるとのことで、即決断。運よくずらせました!

 出発まで2週間ちょいしかないのですが、直接HISの店舗に行って予約しました。まぁネットでの受付がおわって店舗のみ対応だったのでね。

 なんか丁度新人が入った時期で、教えながら手続きしたので時間が掛かりましたけど。

 まぁ、実際の作業を見せないと仕事は覚えられませんので許可しましたけど、思いのほか時間が掛かってしまったなと少し後悔。

 あとこの時は店舗だとまだPontaポイントが付かないとのことで残念でした。もうちょと早く申し込んでればオンラインで予約できたんですけどねー。


 で、行き先なんですが、候補としては他にタイとスリランカがありました。スリランカは4日で行けるツアーが無かったので断念。タイもまぁ目ぼしいツアーが無かったので。

 カンボジアに決めた一番の要因は、私のお気に入りの旅行ブログでアンコールワットが素晴らしいとのことなので、じゃあカンボジアでって感じで決定しました。

 アンコールワットなどの遺跡は町からも近いとのことなので最初はフリープランで行こうかと思いました。

 でも、交通手段の交渉が面倒そうなうだし、あんまし検討してる期間もないとのことで、現地ガイド付きのツアーにしました。

 
 カンボジアについて知っていることは、
  ・アンコールワット
  ・ポルポトによる大虐殺
 以上、例によって他国のことについての知識が全くないですね。

 だって、スポーツも音楽も映画も特に有名なのが無いからそりゃ知ってることも少ないわなと。


 では、簡単にカンボジアの紹介を。wikiから引用です。

大きな地図で見る

 ・正式名称はカンボジア共和国で、1949年にフランスから独立。
 ・面積は北海道と同じくらいで、人口は約1500万人。90%がクメール人。
 ・宗教は上座部仏教。普通の仏教と何が違うかは分かりません。
 ・言語はクメール語(カンボジア語)。フランスに支配されていたのに、フランス語にはならなかったんですね。高齢者は通じるみたいですけど。
 ・通貨は、リエル。1リエルは0.25円。何故かドルが使えるので、ドルがあれば問題なし。
 ・時差は2時間。2時間なんて誤差の範囲じゃないですか。
 ・直行便は無く、ベトナム経由で行くのが主なルート。5時間くらいで行けちゃう。
 ・ビザが必要。


 次回から旅行記スタートです。期間も短かったのでさくっと終わらせたいところです。そうしないとまた夏休みに行ってしまうので・・・。

・旅行記2へ



ポッチットナ