NIGHTWISH
 5/24に恵比寿リキッドルームで開催されてナイトウィッシュのライブを見てきました。

 ナイトウィッシュを見るのは2005年にアングラとのカップリングツアーを見て以来8年振りとすんげー久し振りです。

 来日は2008年の以来5年振りなんですけど、その時はボーカルのターヤが脱退して新ボーカルのアネットがあんましっくりこなかったのでパスしちゃいました。あと確か平日だったのもあって。

 ですが、今ではアネットで全然OK。Imaginaerumで完全にハマッていつ来日にしてくれるのかと楽しみにしてたところ、アネット脱退・・・。マジかよですよ。

 それでもサポートのボーカルでの来日が決定。毎度違うボーカルで来日するナイトウィッシュ。むしろ代わらないと来日しないのかな?

 どんなボーカルが全く知らない状態だったんですが、まぁ行かないで後悔するよりはいいかなとPRTの先行でチケットゲットしました。

 そしてまさかのソールドアウト!やはりみんなナイトウィッシュ見たかったんですねー。


 ライブの日は平日だったので仕事終わりで向かいました。一昨日くらいまでは行けるか微妙な仕事状況でしたが、連日の残業で片付けて当日は定時退社できました。

 会場時間にも間に合いA119番という良番号通りに入場でき、左側の柵がある場所を確保できました。

●セットリスト
01. Dark Chest Of Wonders
02. Wish I Had An Angel
03. She Is My Sin (performed for the first time since 2007)
04. Ever Dream
05. Storytime
06. I Want My Tears Back (with Troy Donockley)
07. Nemo (with Troy Donockley)
08. Last Of The Wilds (with Troy Donockley)
09. Bless The Child (with Troy Donockley) (performed for the first time since 2005)
10. Romanticide
11. Amaranth
12. Over The Hills And Far Away (GARY MOORE cover) (with Troy Donockley)
13. Ghost Love Score
14. Last Ride Of The Day

 このページで大阪の音源が公開されてます。


 ソールドアウトだったんで前線はやばくなるかなーと思いましたが、モッシュやサークルピットもなく結構ゆったり気味で見れました。ナイトウィッシュファンは素晴らしいです。まぁ、そーゆのやるノリのバンドじゃないですからね。

 リキッドルームでの前回のライブがフィンフェスで、その時は柵が引っこ抜かれるほどの激しさだったからちょっと拍子抜けでしたが、落ち着いてみれるほうが断然いいですわ。


 さて、気になるサポートボーカルのフロール・ヤンソンですが、良かったです。彼女の歌を一切聴かずに行ったんですが、このまま3代目ボーカルでいいんじゃないかと思うほど、しっかりナイトウィッシュの曲を披露してくれました。

 声はターヤに近くオペラちっくな高い声がだせるので、ターヤ時代の曲は違和感なく聴けました。

 ただ、やっぱりアネットの曲はアネットじゃないとダメですねー。今一番好きなStorytimeを聴けたのは嬉しいですけど、あれはアネットの甘い感じの声じゃないとしっくりきませんでした。

 そして何より大きいですね。180センチあるそうで、メンバーの中で一番でかいんじゃないかと思います。服装のチョイスミスなのかちょくちょく胸の辺りを直してました。


 セットリストもグッドですね。最初がDark Chest Of Wonders なんて、2005年の記憶が蘇りましたよ。

 しかーし、1時間半は短すぎます。ちょっと物足りなかったです。最後がアンコールありそうで結局ないという終わり方が余計そう感じさせましたね。


 まぁ、でも楽しめたことには変わりなしです。是非ともフロールを正式メンバーにして、ニューアルバムだして、また来日して欲しいです。お願いだからもうボーカルが代わるような事態にはしないで下さいね。

 ターヤが復帰するならいいですけど、ありえないか・・・。



ライブに掛かった費用
 ・チケット代:7000円
 ・ツアーTシャツ:3500円
 ・1ドリンク:500円
 ・ロッカー:300円



ポッチットナ