ペルー リマ

●6日目 2012年9月19日(水) 昼(ペルー日付)

 ペルー政庁の衛兵交代式が12時に行われるということはもうお昼の時間です。

 まぁ、飛行機乗ってアルマス広場を見学しただけなのでそんなお腹へってませんけど、ツアーなんで予定通りに行動しませんとね。

 アルマス広場から徒歩でレストランに移動します。

ペルー リマ
 ペルー文学の家。図書館かなんかでしょうか。

 ペルーの文豪は誰一人知りません。



サン・フランシスコ教会
 途中に寄ったサン・フランシスコ教会。

 100年以上の歳月をかけて建てられた教会です。見学時間は殆どなく外観を見るだけでした。

 しかし、私はどうしてもここは中に入ってみたかったんですよねー。

 何故ならここの地下には植民地時代に葬られた一般市民2万5千の遺骨があるんですよ。

 ローマの骸骨寺の記事が何故かやたら検索でひっかかるこのブログとしては新たな骸骨ネタを載せたかったんですけどねー。残念。


サン・フランシスコ教会
 外観をよく見るとなんか黒いポツポツが見えます。

 よーく見るとものっそい数の鳩がとまってました。壁の溝が丁度いい感じなんでしょうかね?何がそんなに鳩を引き付けるんでしょうかね。

 まさか遺骨目当て?だったらカラスでしょうけどね。数が多くてちょっときもいです。



ラ・ムラリャ
 本日の昼食はラ・ムラリャというレストラン。城壁公園内にあります。

 ラ・ムラリャというのが城壁という意味だそうで、そのままですね。確かペルー料理のお店です。



ラ・ムラリャ
 何かよく分からなかった前菜。

 ちょっと甘い感じだったよう。ちょっと私の好みには合いませんでした。

 

ラ・ムラリャ
 メインのペルー伝統料理、ロモ・サルタード。牛肉と野菜の炒め物でライス付き。

 これも味付けはそんな好みじゃなかったです。ステーキ醤油があればよかったんですけどねー。



ラ・ムラリャ
 デザートのフルーツ盛り合わせ。

 これは普通。



ラ・ムラリャ
 高地じゃないので昼真っからここぞとばかり飲酒するツアーのみなさん。せっかくなので瓶を集めて記念撮影。もちろん有料ですけど。

 私は手前のピスコサワーを1杯飲みました。ピスコはペルーじゃないと飲めませんからね。

 まぁ、この時はまだピスコサワーのアルコール度数が40くらいあると知らずに飲んでましたけど。

 おかげの体が暑くなってこの後の観光では、1人半袖でいました。



リマの城壁公園
 レストランの前の城壁公園の様子。

 すぐ手前に城壁の跡が残っています。

 子供が遊んでいて食事している我々を窓越しに覗いてきました。



リマの城壁公園
 とある著名な人が作った城壁公園内にあるでかい騎馬の像。

 添乗員さんの話ではでかくて邪魔でここに置かれたとか言ってました。こんなに立派な像なのに・・・。



ペルー リマ
 公園から見えるサン・クリストバルの丘。

 頂上には十字架があって、建ってる家がやたらカラフルです。

 
 食事を終えて、公園前に止っているバスに乗ってリマ観光再開です。


・旅行記27へ

・旅行記29へ


ポッチットナ