フォルクローレディナー

●5日目 2012年9月18日(火) 夜(ペルー日付)

 コリカンチャ観光の後はホテルに移動。今日はいよいよクスコに宿泊です。

 やはり高山病が心配ですが、今の所は大丈夫なようです。

 夕食までは時間があるのでホテルで休憩。心なしかちょっとくらっときたのでベッドで横になりました。

 TVをつけたらゴジラ(VS何かは不明)がやっていたのでそれを見ました。スペイン語でしたけど。ペルーでもやってるのに驚きです。

 7時半にロビーに集合し、バスでドン・アントニオというレストランに行きました。


フォルクローレディナー
 ここはビュッフェ形式のレストラン。

 色んなペルー料理が楽しめます。なんとアルパカのカルパッチョがあったんですが、添乗員さんに腹を壊す恐れがあるから食べないで下さいと言われたので止めときました。

 ちょっと食べてみたかったですけど、体調は万全でいたいので大人しく従いました。当然高地なのでアルコールも摂取しませんよ。
 


フォルクローレディナー
 その代わりクイ(テンジクネズミ)があったのでそれは食べました。

 流石に丸焼きでは出てませんでしたが、これがまたクセがあってあんま美味しくなかったです。丸焼きだったら食べきれませんよ。

 とまぁ、ビュッフェなんで色々とっちゃいましたけど、軽い高山病の症状が出始めたのかあまり食欲がなく、あまり食べれませんでした。

 他にも結構食欲なくしてる人が結構いました。

 やはりクスコ、気が抜けません。でも、例の如くスイーツは食べましたけどね。



フォルクローレディナー
 レストランの様子。

 フォルクローレをやるレストランなので、色んな国から観光客が来てました。隣のテーブルにはフランスからのご年配の団体がいました。

 何故分かったかというと、テーブルにフランス国旗があったから。こっちには日の丸なかったですけど・・・。



フォルクローレディナー
 そして始まりましたフォルクローレディナーショー。

 写真から分かるとおり、ステージが近くてスゲーよく見えました。

 フォルクローレをしている方々なんですが、それぞれ色を纏っていてなんだか戦隊ヒーローものに見えてしまいましたよ。

 ちゃんとレッドがセンターだし。まぁ、全員写ってませんけど6人いるし、女性はいませんでしたけど。

 それにしても、レッドがなぎら健壱さんに見えてしかたなかったです。
 

 途中、客席から日本人らしき人が3人ステージに上がって見事な演奏を披露してくれましたが、一体何者だったんでしょうかね?

















フォルクローレディナー
 フォルクローレの演奏でショーは終了かと思ったら、まだまだ続きがありました。

 変わった衣装の人が出てきて、色んなダンスを披露してくれました。




 これは派手な衣装で面白かった。女性の衣装はセクシーでした。




フォルクローレディナー
 これは普通のダンスでした。




R0フォルクローレディナー
 勇者と魔王の戦い?この音楽は結構お気に入りです。





 激しいダンスで、魔王の方が肩で息してるのが丸わかりでした。流石にペルー人でも息切れするんですね。



フォルクローレディナー
 女性人は魔王側の衣装?



フォルクローレディナー
 観客を交えてのショー。

 ダンサーの腰に付いてる紙に蝋燭で火を着火させる謎の遊び。多分良い子は真似しちゃだめだと思います。

 ダンサーは激しい腰振りをするので中々火がつきませんでした。一方観客は腰振りが甘いのであっさり人つけられました。

 当たり前ですが、火がついたらちゃんとすぐ取ってくれます。食事中にステージで丸焼けとか見たくないですからね。


フォルクローレディナー
 最後には観客を交えてステージでダンスです。

 まぁ、ステージ間近の席ということで嫌な予感はしてましたけど、予想通り捕まってしまいました・・・。

 NOと言えない日本人なので仕方なくステージで踊る羽目に。正直ダンス経験ないんですが、なんかできるんじゃねと思ってた時期がありました。

 しかし、これが難しくてステップが全然踏めません・・・。ダンス舐めてましたよ。大人の男としてはダンスくらいできないとダメですかねー。

 ダンス終了後はやはり息切れしますね。これは決して運動不足ではなく、高地な訳でだからで。

 でも、思いのほか眩暈もなく割と大丈夫でした。体が順応してきたんでしょうかね。

 
 とまぁ、こんなに様々なダンスを見せてくれた訳ですが、これだけのボリュームともなると流石に時間が掛かるのですよ。

 終了したのは22時!!まぁ、面白かったですけども、2時間半は長過ぎるし正直途中でちょっと飽きてました。

 2時間くらいでいいかと思います。


・旅行記24へ

・旅行記26へ
 

ポッチットナ