クスコ

●5日目 2012年9月18日(火) 夕方(ペルー日付)

 インディオマーケットから1時間掛け、再びクスコに戻ってきました。

 山道は渋滞と無縁でしたが、クスコは相変わらず渋滞が酷いですね。町に入った途端全然進みやしねぇ。

 夕方ともなるとクスコ寒かったです。やはり標高3400メートル、あなどれません。

サント・ドミンゴ教会(コリカンチャ)
 クスコに到着してまず向かったのが、コリカンチャ(太陽の神殿)と呼ばれるサント・ドミンゴ教会。

 3日目にクスコに来た時に最初に訪れた場所ですが、日曜日午後からじゃないと開いてなくて行けなかったので、リベンジです。

 

サント・ドミンゴ教会(コリカンチャ)
 今回もお休みでしたー、というオチはなく無事入場できました。

 内部は撮影OKですが、飾ってある絵画はダメだとか。

 基準が分かりませんけど、そんな微妙な制限無理でしょ。



サント・ドミンゴ教会(コリカンチャ)
 教会らしいですけど、結局見所はインカの石組みです。

 本当精巧過ぎますけど、もうお腹いっぱいって感はなくもない。



サント・ドミンゴ教会(コリカンチャ)
 ヨーロッパで見慣れた教会のような荘厳な感じはなくほぼ石組みばっかです。

 なのでもう石は見飽きたよっていう人は中には入らなくてもいいんじゃないですかね。

 むしろアルマス広場のカテドラルに行ったほうがいいかも。まぁ、そっちは入ってないからどんなもんか知りませんけど。



サント・ドミンゴ教会(コリカンチャ)
 広場には井戸があります。




サント・ドミンゴ教会(コリカンチャ)
 この感じ造りはヨーロッパの教会だなーって思いますね。




サント・ドミンゴ教会(コリカンチャ)
 他にもツアー客が結構いました。

 子供はやっぱ石組みにはそんな興味なさげでした。



サント・ドミンゴ教会(コリカンチャ)
 こんな小さい石も組み込んでいます。凄いけど、他にもっと簡単なやり方がなかったのかなと思ってしまいます。

 黒ずんでいるのはみんなが触るから。別にご利益とかないでしょうけど、触らずにはいられないですね。




サント・ドミンゴ教会(コリカンチャ)
 コリカンチャ時代のミニチュア模型がありました。

 インカの人々がキンケシにしか見えませんでした。



サント・ドミンゴ教会(コリカンチャ)
 見学終了後はバスに乗ってホテルに向かいます。





 サント・ドミンゴ教会の外観の様子。



クスコでバスケ
 バスに乗る場所に向かう道中になんとバスケをしているとこを発見しました。

 バスケは南米だとアルゼンチンやブラジルが強いんですが、ペルーは全く強くないのでバスケをプレイしているところを見れて結構嬉しいです。

 なんかそれなりに見学している人が多かったので、なんかの大会なんですかね?

 しかし、標高3400メートルでバスケとかサッカー以上にきつすぎやしませんかね?こん中から未来のNBAプレイヤーが出てくれるといいですなぁ。


・旅行記23へ

・旅行記25へ


ポッチットナ