リマの空港

●3日目 2012年9月16日(日) 早朝(ペルー日付)

 3日目の朝。昨日よりさらに早く3時に起床です。

 またもモーニングコール前に起きてやりましたよ。しかしモーニングコールが予定より10分くらい遅かったです。

 本日はクスコに向かいますので起きてすぐに荷物の整理。さらにはマチュピチュ村に宿泊するのでそれ用の荷物の準備もしました。マチュピチュにはスーツケースなどの大きな荷物は持ち込めませんので。

 出発は昨日と同じ4時半なので当然朝食はお弁当です。

 中身はというと、これも昨日と全く同じ・・・。ちょっとは工夫して欲しいものです。リンゴ以外は食べました。


 リマの空港に到着。搭乗手続きは全て添乗員さんがやってくれますので非常に楽です。

 で、その間ちょっと待ち時間ができたので、空港内を見学。

 まず最初に向かったのが両替所。リマではアメリカドルで事足りますが、クスコやマチュピチュではペルーの通貨のヌエボソルが必要なのです。まぁ、主にトイレチップ用なんですけどね。

 トイレチップ用なんで5ドル両替しましたが、渡されたのがなんと札1枚と少々の硬貨。確か20ソル札だったかな?

 これではチップに使えないので空港でガムを買ってくずしました。まぁ、外国の両替所なんてこんなもんですよね。特に男性相手ではねー。女性相手は優しいそうです。


 その後はブラブラお土産屋を見学。最終日にまた来るので何も買いませんでした。

 添乗員さんが手続きを済ませ、6:55の便に搭乗。国内線なのでペットボトルも持ち込み可です。



アンデス山脈
 離陸して数分経つと窓からはアンデスの山々を見ることができます。

 5000〜6000メートル級なので飛行機からでもかなり近く見えます。すげーアンデス。



アンデス山脈
 さらに進むと雪原地帯になります。一面真っ白です。

 映画「おおかみこどもの雨と雪」の雪山を疾走するシーンを是非ここで・・・、やったらそっこう倒れますね。動物も高山病とかなるのかな?





 ひたすら山の風景なんですが、よく見ると道のようなものが見えたり、村らしきものが見えたりとなかなか面白いです。

 雲より高いって信じられませんね。富士山がもうしょぼく感じてしまいます。



LAN航空の軽食
 パンの軽食サービス付きです。朝食が物足りなかったのでありがたいです。



クスコの空港
 約1時間程でクスコの空港に到着。

 写真は乗って来たLAN航空の飛行機です。

 搭乗中に乗客が天井を掴んだら外れたり、私の前の前の席の人でライトだったかマスクだったかが勝手に落ちてきたりする機体でした。流石南米の国内線といったところか・・・。



クスコの空港
 クスコは標高3400メートルの高地にあります。ほぼ富士山に近い高さです。自分史上一番高い土地に立ちました。

 高地ということで気になるのが高山病。低い所から一気に高地に行くとなると言われており、リマが0メートルなのでまさにその状況です。

 まぁ、その辺はペルー旅行するにあたり当然対応策をちゃんと調べてきたので、それを実践するのみです。

 とにかくゆっくり歩行、そして糖分補給に蜂蜜飴を舐めました。


 あと飲む酸素のO2プラスダイレクトというのをアマゾンで購入したんですが、注文したのが遅かったせいで出発までに間に合わず・・・。今のところ使う機会がないです。

 飛行機を降りた直後はまだ体内にリマでの酸素が残ってるので、すぐに症状が出る訳じゃないそうです。


 それよりクスコ寒いんですけど・・・。高地は当然寒いのは承知して薄手の上着を着ていましたが、それでもちょっと寒かったです。

 よく見ると私以外のツアー参加者達はちゃんと冬向けの格好をしていました。おかしいですね?

 そこまでの対策が必要だったとは予想外でした。これはもうアルパカのセーターを買うしかないと思いました。
 


クスコの山
 しかし、空港の外に出ると日差しが強くてとても暖かいです。高い分日差しも強いです。上着もすぐに脱いじゃいました。

 やっぱアルパカのセーターは買う必要なし!本当よかった〜。
 
 スーツケースを預けてマチュピチュに持ってく荷物だけを持ってバスに乗ります。山間部ということで、リマのバスよりちっちゃめです。さっそくクスコの最初の観光地に向かいます。

 バス内ではクスコとマチュピチュを案内してくれる現地ガイドの紹介がありました。

 サユリと名乗る女性ガイドさん、本を出版しており、結構凄いガイドさんとか。当然日本語も達者です。

 途中何か書かれた山を発見。ペルーではこういのをよく見かけました。どんだけ地上絵好きなんだか。



サント・ドミンゴ教会
 30分くらいしてサンド・ドミンゴ教会に到着。ここで初めて成田で渡されたイヤホンガイドを使用。

 ナスカでは全く使いませんでしたからね。




 入り口は奥にある坂の上。高地だというのにいきなり上りと優しくないですねぇ。




クスコの山
 教会近くまで来ると今度はペルーって書かれた山を発見。これって作るのにどんだけ掛かるんでしょうね。



クスコの街並み
 教会前の広場?日向ぼっこに良い場所です。



サント・ドミンゴ教会
 入り口に辿り着き、さっそく中に入って見学といきたいところでしたが、扉が開いてません。

 なんとこの日はお休みとのことです。まさかのトラブル勃発です。


・旅行記6へ

・旅行記8へ


ポッチットナ