鍵泥棒のメソッド
鍵泥棒のメソッド 418本目 2012-30
上映時間 2時間8分
監督 内田けんじ
出演 堺雅人(桜井武史) 、 香川照之(コンドウ/山崎信一郎)
   広末涼子(水嶋香苗) 、 荒川良々(工藤純一)
   森口瑤子(井上綾子)
会場 吉祥寺バウスシアター
金額 1000円(映画サービスデー)


【あらすじ】
 自殺に失敗した売れない役者の桜井は、たまたま出掛けた銭湯でコンドウという男がこけて頭を打ち記憶喪失になるのを見かける。そこで桜井はロッカーの鍵を摩り替えてコンドウに成りすまそうとする。そんなコンドウに水嶋が病院で出会い知り合いになる。


【評価 7点(10点満点)】
 面白かったけど「運命じゃないひと」、「アフタースクール」よりちょっとどんでん返しがパワーダウンって感じかな。そうくるか!って部分に物足りなさを感じた。ラストの展開は好きだけど。

 今回もキャストがなかなか良かった。
 
 コンドウは実際の香川さんもあんな感じなんじゃないかなぁと思った。あんなに色んな役をやってるんだからかなり努力家だと思うし、忙しいスケジュールもこなしてるから絶対健康だよね。なんせ他に出演している2作も公開中だし。

 堺さんはあのインチキ臭さが滲み出てるのが面白かった。「クヒオ大佐」といいそんな感じの役がよく合う。

 広末さんもこれまで見たこと無いなかなか変わった感じの役を見事演じていて良かった。それに普通に応えてる編集部もなかなか面白かった。


ポッチットナ