デルタ航空


●1日目 2012年9月14日(金) 午前(日本日付)

 今回は午後出発の便なので家出るギリギリまでパッキングしてました。いつかスーツケースを成田に送って、悠々と成田に移動ってのやってみたいんですが、いつもギリギリになっているので無理かなと思ってます。。

 いつも通り京成上野から京成線で成田空港へ。なんせ一番安い交通手段ですからね。もち金券ショップで切符を購入しています。ただ今回は900円とそんな安くなかったです。今までなら700円で買えたのに・・・。


 しかも後になって切符購入後にさらに安い手段を発見・・・。京成のシャトルバスで東京−成田が7月から運行していて、なんと9/30までデビュープライス800円!!

 上野に行くより東京の方が近いし、こっちにすれば良かったと後悔・・・。次回は使ってみようかと思う。

 平日なのかスーツケースを持った人は少なめでした。余裕を持って出発したら予定より1本早い特急に乗れて、無駄に早く成田空港に着いてしまった。


 成田空港のHISのカウンターに行くと当然まだ人はおらず、準備中の看板が。仕方ないのでボケーと近くのベンチで人が来るのを待ちました。空港内をうろつきたいのですがスーツケース持ちながらはたるいので。

 ようやく集合時間になりカウンターで手続き。当然一番乗り。

 その後デルタ航空のカウンターへ行ってチェックイン。デルタ航空は自動券売機になってて、自分で手続きします。こんなん初めてなので殆ど近くの係員に聞きましたけど。

 座席をチェックしてみるとなんと既に決まってて、まさかの窓側・・・。マジかよ、おい。

 窓側だとトイレに行く度に2人にどいてもらわないといけないじゃないですかー。席を変えれるとのことでしたが、既にほぼ満席で通路側の席の空きは無し・・・。最初からついてない模様です。


SN3Q0007
 一旦アメリカに行くのでスーツケースのカギは開けて預けました。

 ちなみにペルーのホテルでスーツケースを開けたら、こんな紙が入ってました。どうやら開封されて中身を検査されたみたいです。

 問題なかったからちゃんと届いてるわけですが、過去の旅行記を見ると2006年のLA2007年のNYでも入国時にスーツケース開封チェックにあっています。

 なぜこうもチェックされる羽目に?一目で分かるようにスーツケースにメタルバンドのステッカー張りまくってるから逆に目を引いてしまってるんでしょうかね?


 預け荷物はアメリカでピックアップの必要なく、そのままリマまで行きます。なんでもアトランタ経由だとそうなるらしいそうで。

 なのでアメリカの税関申告書渡すとこで荷物の紫のチケットを渡す必要があるとのことと添乗員さんに言われましたが、成田で速攻無くしてしまいました・・・。

 最初「やばいかな〜、添乗員さんに言った方がいいかな〜」と不安になりましたが、シレっと通れば大丈夫と根拠なく気にしないようにしました。結局問題なしで渡す必要もなしでした。よかった、よかった。


 チェックインを済ませて添乗員にチケットをチェックしてもらい、ようやく自由時間になると思ったら30分後くらいに再集合とのこと。昼飯を食べようと思いましたが、そんな時間も無く結局空港で食べれませんでした。


 集合で添乗員の挨拶とツアー参加者と顔合わせ。

 添乗員さんはなんと日系ブラジル人のベルナルドさん(ちゃんと日本名もあります)。もちろん日本語OKでサッカー(確かフロンターレにいた選手と一緒にやってたとか)をやっており、ガタイもいいので頼れそうな添乗員です。

 ちなみにHISの社員じゃないそうで。てっきり添乗員はHISに人がやると思ってましたが、そういう人に依頼するんですねー。

 参加者は21名(男性8名、女性13名)で、やはり値段が高いだけに学生はおらず20代後半以降のメンツでした。(女性に関しては流石に予想ですけど)1人参加は私を含め5名と割といたのでちょっと安心。人見知りとしてはペアに絡む勇気はないもんで。
 
 ようやく解散になったら入国審査を済ませる時間になっちゃってて、今回は空港内を見ることができませんでした。ちょっと残念。


 
アメリカ地図
 アトランタまでの飛行時間は約14時間。これも過去の搭乗時間で1番長いです。


 NBAとNFLを見るのでアトランタは当然知ってますが、意外とちゃんとした場所は覚えてませんでした。

 もっと真ん中よりかと思ってましたがフロリダに近いんですねー。そりゃ遠いわ。NYの方が遠いと思ってましたが、この飛行経路だとアトランタの方が遠くなりますね。

 他にコンチネンタル航空でヒューストン経由もあって1時間短いんですが、なんでもハリケーンがよくきて飛行機が飛べなくなることがあるとか。まぁ航空会社は選択できませんでしたが、アトランタで良かったー。


 そんな長い時間の暇を潰すのに最適なのが映画。映画好きとしては、どんな最新映画が見れるかいつも楽しみなんですよね。

 行きに見たのは、「テルマエ・ロマエ(6点)」と「ハンガー・ゲーム(6点)」。「ハンガー・ゲーム」は既にアメリカで公開済みだったので、最新映画のジャンルになくスルーしそうになりました。


 デルタも結構たくさん映画あって何を見ようか迷いました。といってもやはり全てが日本語吹替え対応してないですけど。ちなみにイヤホンは自前のがそのまま使えます。


 食事は2回。流石に昼飯を食べなかったのでほぼ食べちゃいました。食事に何故か数独がついてました。とけたらなんかくれるのでしょうかね?焼きそばがちょっとおいしかった。




アトランタの空港


●1日目 2012年9月14日(金) 午後(アメリカ日付) 

 大きな揺れも無くアトランタのハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港に到着。なんでも、「世界で最も忙しい空港」と呼ばれるそうで、案内版もこんなに沢山あります。つか探すの面倒だな。


 寝れたような寝れなかったような感じでぼけーとした状態で入国審査に向かいました。すると途中通路に大勢の米軍が並んでおり、それにびっくりして目が覚めました。

 入国審査で並んでるとまた米軍がやってきてなんか拍手が沸きあがりました。アメリカに来たって感じですね。

 
 アメリカなので入国審査では質問されます。聞かれたのはどこに行くのか?目的は?何日間?くらいですかね。

 ヨーロッパは全く何も聞かないので、そのくせで準備すんの忘れてましたが、簡単な質問で良かったです。職業ってなんて答えりゃいいかぱっとでてきません。


 そしてやっぱり指紋採取と網膜採取。もう4回目だけど何回もとるんですね。次回から採取したデータと照合して一致したら質問なしでOKとかにしてくれませんかねぇ。


 アメリカ入国を済ませた後、一旦集合することになってましたが何人か来ない人が!結局問題なかったですけど、最初の集合で集まらんのはいかがなものかと。まぁ、集合場所が分かりづらかったのもありますけど。


 
アトランタの歴史
 リマへの便はすぐなので空港内を見る時間は殆どありませんでした。まぁ、長時間待たされるよりはいいんですけど、少しはゆっくりする時間が欲しいですね。

 空港内にはアトランタを紹介する展示物があり、NFLのファルコンズのものもありました。でもNBAのホークスの見つけられませんでした。多分別のことろにあるはず・・・。


 売店で水を購入し今度は6時間掛けてリマへ向かいます。座席はまた通路側じゃなく、しかも真ん中列・・・。まぁ、寝るしかないですな。

・旅行記1へ

・旅行記3へ


ポッチットナ