Kevin Durant
 ヒートVSサンダーになった2012年のNBAファイナル。

 アンチヒートなんで当然サンダーを応援です。カンファレンスファイナルではスパーズを応援してましたけどね。まぁ、デュラントは好感持てる良いプレイヤーなんで。

・ゲーム1
ヒート 29 25 19 21 94
サンダー 22 25 27 31 105


 よしよし、大事な初戦をサンダーとりました。4Qにしっかり差をつけるとこがまたいいですね。

 デュラントは36点で、ファイナルの大舞台でも勝負強さを見せてくれました。ハーデンがイマイチだったのが気がかりですけど。
 
 一方ヒートはレブロンが30点でしたが、相変わらず大舞台の重要な場面で活躍できないようで。セフォローシャのD#が素晴らしいってのもありますけど。しかし、バティエの3P4/6は何なんだ?何気に怖い存在ですよ。


・ゲーム2
ヒート 29 25 19 21 94
サンダー 22 25 27 31 105


 惜しくも敗戦・・・。前半デュラントのファウルトラブルもあって大差をつけられちゃいましたが、徐々に追い上げてゲーム1のように逆転勝利!を期待できそうでそうだったんですがねー。

 デュラントは今回も30点オーバーの活躍で、追い上げの原動力になったんですが、ウェストブルックの無理シュートがね・・・。27点取ってますけど、どうもすぐに自ら打って外すのが目立ってしまいます。やはりデュラントにもっと回すべきかと。

 ハーデンがようやく活躍してくれましたが、あと一人二桁得点する人が欲しいですね。


 ヒートはスリーキング全員二桁得点に加え、3P5/7と更に進化してるバティーが活躍。バティエーめ・・・。


ポッチットナ