宇宙兄弟
宇宙兄弟 404本目 2012-16
上映時間 2時間9分
監督 森義隆
出演 小栗旬(南波六太) 、 岡田将生(南波日々人)
   麻生久美子(伊東せりか) 、 濱田岳(古谷やすし)
   井上芳雄(真壁ケンジ) 、 吹越満(鶴見徹太郎)
   堤真一(星加正) 、 バズ・オルドリン 、野口聡一
会場 TOHOシネマズ府中
金額 前売り券(1280円※金券ショップ)


【あらすじ】
 週刊「モーニング」で連載中の小山宙哉の漫画原作。
2025年、弟日々人は宇宙飛行士として月に行くこととなったが、兄六太は会社をクビになり無職になる。そんな中、JAXAで宇宙飛行士募集があり六太はそれに挑戦することになる。


【評価 6点(10点満点)】
 原作ファンなので映画化を聞いた時は全く見る気が無かったが、例の如く麻生さんが出演とのことで鑑賞。せりか役はぴったりだが、時間の都合であまり出番が無かったのが残念・・・。舞台挨拶での登壇も期待したが、産休中で無くて残念。無事出産されたとのことで、おめでとうございます。

 現在も絶賛連載中の話をどう映画化するのか気になってたが、まぁ映画としてはうまくまとまってたんじゃないかなと。しかし、やはり原作ファンとしては物足りない。時間の都合じゃ仕方ないかと思うが、大事なエピソードも削り過ぎで、終盤のシーンが全く感動できん。このストーリーにするなら、前後編にすべきかなと思った。

 
 以外と小栗さんと岡田さんの南波兄弟は結構はまってた。発射のシーンも本当にNASAで発射しているように感じられてよかったと思う。

ポッチットナ