ブログネタ
ギリシャ に参加中!
エレフテリオス・ヴェニゼロス国際空港

●5日目 2011年8月4日(木) 昼(ギリシャ日付)

 行きはホテルまでの送迎がありましたが、帰りは無いので自力で空港に行きます。

 空港送迎は元々別料金で行きの時も実は1万円払いましたよ!

 行きはホテルにちゃんと行けるかという不安があるので仕方なくお願いしましたが、1万円は躊躇う料金ですよね〜。

 で、ちょっと調べたら自力で行けそうな感じがしたので、帰りは送迎の依頼はしませんでした。時間も昼で余裕もてますしね。一応自力で空港への移動はフィンランドの時にも経験あります。

 空港に帰るのに選んだ方法はエアポートバス。地下鉄やタクシーでも行けるんですが、料金が5ユーロと一番安かったものでバスにしました。

 バスはシンタグマ広場から出るのでまずは地下鉄で移動。メタクソウジオ駅は階段しかないのでスーツケース運びがちょっとキツイです。あとスーツケース持って地下鉄乗るのは初めてなのでちょっと緊張しました。


アテネ


 シンタグマ駅はエレベーターで地上に出れるので楽です。でも、バスの発着地に行くにはちょっと階段を登らないといけませんので結局そんな楽ではなかった・・・。




 エアポートバスに乗ってみた感想としては恐らくバスが最適なんじゃないかと思いました。良かった点は以下。

 ・空港に行く人しか乗らないので、時間帯にもよるがそんなに混まない。(地下鉄は割と混む)

 ・始発なので出発ギリギリに乗りこまない限り確実に座る。またスーツケースを置くスペースも十分あり。
 (地下鉄の席は狭い。スーツケースを置けるスペースのある車両を見たが座席と離れてるので常に監視が必要。)

 ・地上の景色が楽しめる。(高速に乗ると退屈ですけど)

 ・途中何箇所か停車するところがあるけど、ほぼノンストップで途中から乗ってくる人がいない。(地下鉄みたいにスリを気にする必要なし)

 ・空港のチェックインカウンターのあるフロアーの目の前で降りられる。


 12:15分に出発して1時間程で空港に到着。何も問題なかったので自力で行って正解でした。今後もエアポートバスがあったらそっちを利用します。


 空港内に入りエミレーツ航空のチェックインカウンターに行きましたが、まだ開くのの待ち状態でした。といってもスーツケース持ってウロウロするわけにもいかないので並んで待ちました。既に20人くらいは並んでましたし。

 そういえば自力で帰る場合、空港に行く時間も自分で決めないといけません。最初に送ってもらった時に聞けば良かったんですけど、聞くの忘れてしまいました。

 で、参考にしたのは日本での集合時間。フライトの3時間前くらいだったので、それよりちょっと早めにすることにしました。狙い通りここも3時間前からチェックイン開始で思わずガッツポーズ。無事アイルシートもゲットできました。



アテネ空港内の博物館
 チェックインを済ませた後は空港見学。

 これ結構楽しみなんですよね。すると空港内に博物館があるじゃないですか。流石地下鉄駅でも遺跡を展示してる国ギリシャですね!

 無料ですが撮影は禁止。まぁ、ちょっとした暇潰し程度にはなります。


ギリシャのバスケ雑誌
 本屋でギリシャのバスケ雑誌「オールスター」と、パナシナイコス・アテネの国内リーグ優勝記念冊子を購入。

 「オールスター」は全部ギリシャ語なので全く読めず選手の名前すら分からん・・・。ディアマンティディスと過去の名選手(誰だかさっぱり分からん)との比較特集やNBAもちょこっと載ってました。

 冊子は帽子付きで、ポスターはアントニオ・フォトシスでした。つかフォトシスのしか残ってなかった・・・。



グリークコーヒー
 色々お土産屋さんを見てみましたが、あまりお店がありませんでしたので入国審査へ。

 入国審査した後の所の方がお土産屋さんが充実してました。

 搭乗まではまだまだ余裕があり昼食食べてないのでカフェで食事をすることにしました。

 カフェにした理由はグリークコーヒーを飲む為です。メニューにグリークコーヒーがある「フライト・タイム・カフェ」に入りました。

 グリークコーヒーは名前の通りギリシャ特有のコーヒーです。ドロッとした状態で出されて粒上のコーヒーが下に沈むのを待ったから上澄みを飲むものです。

 コーヒー好きとしては本当はアテネ市内でちゃんとしたカフェで飲みたかったんですが、タイミングが取れずまたカフェに1人で入る勇気が無くて飲めませんでした。

 カップで出してくれると期待しましたが紙コップでした・・・。まぁ飲めるだけ良しとしますか。試しにすぐ飲んでみたらやっぱり粒が上に残ってました。

 味はまぁ普通のコーヒーでしたかね。確か砂糖は入れませんでしたが、そんなに苦くはなかったと思います。飲み干すと底にドロッとしたのが残ってました。


 腹ごしらえを済ませて後はお土産購入。アテネで買おうと思ってたけど見つからなかったものが結構空港内で買うことができました。

 買えたのはいいんですがやっぱ手荷物になってしまうのがネックですね。あと丁度いいサイズのウゾが売ってたんですが、ドバイで乗り換えるんで液体物買ってもそこで没収されちゃいますからねー。うーん残念。まぁもう買ったので問題ないんですけど。

 あとマスティハショップもありました。では空港で買ったお土産を紹介します。 



アテネ土産
 オレガノのポテトチップスとセモリナ粉で作られたギリシャのお菓子。

 オレガノポテチは街中のキオスクで買えます。オレガノって何なのかよく分からず食べましたけど、まぁまぁ美味しかったです。

 セモリナ粉のお菓子は「るるぶ」に載ってて買ったので詳細はそれ見てください。食べたことない味でしたが、こちらもまぁまぁ。



アテネ土産
 ウゾ味のキャンディ、マロングラッセ、ロクム、マスティハのハイチュウみたいなの、ギリシャ音楽のCD。

 ウゾ味キャンディはギリシャならではのものなので土産としてはぴったしなんですが、いかんせん味の方が・・・。とりあえず私にはあいませんでした。あげた人でも評判悪し。

 マロングラッセも実はギリシャの名物とのことで買ってみました。私自身はそれほど栗が好きじゃないんですけど。蜂蜜がかかってて凄いベトベトでした。

 ロクムは大失敗でした。パッケージで見た感じではなんか甘そうなグミみたいなのを予想してましたが、石鹸の味でした・・・。いや本当マジで石鹸なんですよ・・・。

 マスティハショップで買ったチョコ風味のロクムの方が断然良いです。量も結構あったんで、全部食べるのに苦労しました。つかなんで頑張って食べたんだろう・・・。

 マスティハのハイチュウみたいなのは、まぁマスティハ味ですね。ばら撒き用土産には良いです。




 ギリシャ音楽のCDはエーゲ海クルーズでの演奏を聴いて結構気に入ったので買っちゃいました。

 テンポが早く独特の音を出す辺りが好きです。パッケージは映画「その男ゾルバ」で1曲目に上記動画の曲が入ってます。この曲結構気に入ってます。
 
 ゾルバに関してはTVでトヨエツさんがギリシャを旅した番組がやっててそれで知りました。映画はまだ見ていないのでいつか見ておかないと。



ドバイ土産
 番外編のドバイ土産。

 食べ物に関してはあんま良さそうなのがなかったので、友人に面白土産として購入したのがこれ。オロナミンCは飲んでみましたが、味に変わりはありませんでした。カップ麺は食べてないので分かりません。

 
 帰りも行きと同じでドバイ経由で帰国しました。

 エミレーツの飛行機はやっぱり寒いですが、今回はアテネのデパートで買った上着があるので問題なし!隣のタンクトップの女性の方はめっちゃ寒そうにしてましたけど・・・。

 2回目のドバイ空港は流石に見るとこもなく暇でした。相変わらず多くの人で賑わってましたけど。


 帰りの便では「エンジェルウォーズ」の続き、「世界侵略:ロサンゼルス決戦」、「ミッション8ミニッツ」を鑑賞しました。

 飛行機で日本公開前の映画を見るのは久々。画面が小さいとはいえ嬉しいですね。この辺エミレーツは素晴らしい。


 安全なフライトで無事日本に帰国。ちょこっとトラブルがあったものの、今回も無事に帰ることができました。滞在中にデモも起こらず運が良かったです。


 5泊7日のギリシャ旅行、行きたいとこもちゃんと行けて満足でした。絡まれたもしましたが無事だったので旅の思い出です。でもこれを気に今後は警戒を高めたいと思います。

 アテネ市内も観光し易く、2日あれば主要箇所は回れますんで、観光地としては本当良いところです。一番のお勧めはデルフィ観光。しかし、やっぱりメテオラには行きたかった・・・。


 まぁ、現在の状況を考えるとお勧めしたよいのか分かりません。海外旅行は基本自己責任ですので。こればっかりは行けると思ったタイミング行くしかないですねー。


 次からはペルー旅行記が始まります。


・旅行記19へ

旅行記1へ戻る



ポッチットナ