ブログネタ
ギリシャ に参加中!
古代アゴラ

●3日目 2011年8月2日(火) 午前(ギリシャ日付)

 アドリアノスの図書館の入り口で休憩していると外国人のおっさんに写真を頼まれました。

 するとその後会話する流れになってしまいました。英語話せないんで正直めんどいなぁ〜と思いましたが、ちょっと我慢すりゃ終わるでしょうと思い適当に聞き流し。

 この時はまだ普通の外国人観光客と思ってました。

 結論からいうと、恐らく旅のよくあるトラブルに出てくる「悪徳バーに連れて行く自称外国人」と思われます。実際被害は受けてないので本当なのかは分かりませんが、バーに連れ込もうとしたのは確かなのでその可能性は高いかと。


アテネ

 自称イタリア人で名前はフランチェスコ。サッカー選手のトッティと同じだと紹介されましたが、まずトッティの下の名前知らんしそもそも覚える気なかったのでその時はすぐ忘れました。

 最近アテネに来たばかりで今日来るCAの彼女とエーゲ海クルーズに行くらしい。なんだその羨ましい設定は。

 6人兄弟で犬を飼っており、わざわざ犬の写真を見せてくるので「キュート」と言ってやりました。

 仕事はアルファロメオのデザインをしているとかで、また車と一緒の写真を見せてきたので「クール」と言ってやりました。

 そしてサッカーの話題になり、ナカタ、ナナミ、ナカムラ、マタトモと日本人選手の名前をあげてくる。マタトモって知らんのだが、多分長友のことでしょうかね?まぁ外国人には発音し辛いでしょうけどさ・・・。

 ローマでミサンガ売りに絡まれた時も同じ感じでしたが、私サッカー興味ねーから振られても困るんですよね!彼らが日本でなんていうクラブにいたか聞かれても、ナカタのベルマーレしか分からんし!

 この日バルセロナで買ったユーロリーグのTシャツ着てたんで見りゃバスケファンって分かるでしょうにー。日本人だからってナカタとか詳しく知ってると思われてるのに腹が立つわー。


 サッカートークの後は何故かイタリア語講座みたいなことになって、挨拶などの単語をリピートアフターミーしたり。私はさっさと「アリベ デルチ」したかったんですけどね。


 そんなことより鼻毛がすげー出てるのが気になって気になってしょうがなかったです。


 そんなこんなでようやく会話が終了して、次のどこ行くのかと聞かれて古代アゴラと言ったら付いてきやがります・・・。

 しかも、勝手にゼウス神殿とか今日の予定にない所に行こうと言ってくるし。

 しかし、古代アゴラの中までは入って来ず、入り口で待ってるとのことでようやく開放されたと喜びました。古代アゴラは何箇所か出口があるので、別の出口から出ちゃえばいーんです。これでやっとおさらばだぜ!ヒャッハー!!

 気を取り直して古代アゴラ観光です。


古代アゴラ
 ここ古代アゴラはアクロポリスに次ぐアテネ内の観光スポット。

 前回紹介したローマン・アゴラ同様ここもいわゆる市場ですが、ローマン・アゴラより遥かに広大で、政治・宗教・文化的施設も集まる正に都市の中心地だった場所。共通チケットで入れるので是非行きましょう。

 アクロポリスに次ぐ観光スポットですが全然空いてました。駅からも近いんですけどね。団体ツアーだとアクロポリスしか行かないんですかね?


古代アゴラから見える地下鉄
 モナスティラ駅近くの出入口からはこんな感じで鉄ちゃん必見の列車が通るのが見れます。



古代アゴラ博物館
 圧巻なのがここ。古代アゴラ博物館のあるアタロスの柱廊。

 ギリシャ遺跡の中で唯一完全復元された建造物だそうで。この整った柱の並びは美しいです。古代って雰囲気を醸しだしてます。

 一番奥には無料のトイレがあります。



 この動画を撮影していると、なんとフランチェスコ入ってきたよ・・・。なんで待ってないんだよ・・・。うぜぇ〜。仕方なく一緒に見学する流れになってしまいました。



古代アゴラ
 まぁ、写真を取ってくれる分は助かりますけど、やはり自分のペースで見学はできず・・・。

 柱廊を見た後はヘファイストス神殿へ。ここはギリシャで最も原形を残している神殿でパルテノン神殿と同じくらいの時期に建築されたそうです。確かにこの旅行で見た神殿の中ではちゃんと残ってましたね。



古代アゴラ ヘファイストス神殿
 なぜかフランチェスコとこの神殿でツーショット撮影したり・・・。せっかくの神殿が堪能できませんでした。

 
古代アゴラから見たアクロポリス
 神殿から見たアクロポリス。どっからでも見えますね。

 神殿を見たらそのまま出口に向かってしまいました。正直古代アゴラは全部は見れず出ることに・・・。ちくしょう。

 
 さらに古代アゴラを出ても一緒に行動するはめになり、そこから30分くらい歩いてゼウス神殿に向かうことに。はぁぁぁぁ・・・勘弁してください。


・旅行記10へ

・旅行記12へ



ポッチットナ