ユーロバスケット2011が終了しました。さて最終順位はどうなったでしょうか。

 一応結果はチェックしましたが、TV放送を見るのであまりスタッツは見ないようにしました。しかし、まだ1ヶ月後なんですよねー。
f2660012d282cd362bec5c8a7d2a7aa6-getty-505888831
 最終結果。

1位 スペイン
2位 フランス
3位 ロシア
4位 マケドニア
5位 リトアニア
6位 ギリシャ
7位 スロベニア
8位 セルビア

MVP ファン・カルロス・ナバーロ 

オールトーナメントチーム
 トニー・パーカー(フランス)
 ボー・マッカレブ(マケドニア)
 ファン・カルロス・ナバーロ(スペイン)
 アンドレイ・キリレンコ(ロシア)
 パウ・ガソル(スペイン)

 やっぱりスペイン優勝でしたねー。2位ノフランスも予想通りですが、まだスペインには及ばず。まぁずっとメンバーの割に弱かったので十分快挙です。

 驚きなのが4位マケドニアですねー。リトアニアを破り、ロシアとの3位決定戦もおしかったみたいで。ここはもうマッカレブにつきますね。オールトーナメントチーム見ても、皆NBAプレイヤーばかり。ナバーロは元ですが、言わずもがなユーロリーグでは大スター。そこに入り込んでますからねー。
 
 ロックアウトがなけりゃ即NBAから声掛かるじゃないですかねー。つか、解決する気配ないですが・・・。

 でも、やっぱ1人だけ凄いのがいても勝てないってのはドイツがいい例。他のプレイヤーも素晴らしいんでしょうねー。他はアンティックしか知りませんけど。是非オリンピックに出て欲しいですねー。

 新たに強い国が出てくるということは、世界にバスケが普及してるってことですから嬉しいことです。


 5位は地元のリトアニア。ヤシケが結構活躍したのが嬉しいですが、そろそろユーロのトップに立つとこを見たいですね。


 6位はギリシャ。まぁ、エースら抜きのベストメンバーじゃない状態でよくやったほうかと思います。ですが、パパルーカス、スパヌーロス、そして今ユーロ最高のプレイヤーディアマンティディスが出場すればスペインにも負けないと思うんですよ!ぜひ代表復帰を!!



ポッチットナ