REAL STEEL
リアル・スティール(原題: REAL STEEL) 373本目 2011-33
上映時間 2時間8分
監督 ショーン・レヴィ
出演 ヒュー・ジャックマン(チャーリー) 、 エヴァンジェリン・リリー(−)
    ダコタ・ゴヨ(マックス) 、 アンソニー・マッキー(−)
    ケヴィン・デュランド(−)
会場 有楽町マリオン(試写会 171回目)


【あらすじ】
 ボクシングがロボット同士の戦いになった2020年。元ボクサーでダメな父親チャーリーが、母親の死によって出会うこととなったロボット好きの息子マックスのロボットを通じて親子愛を取り戻す。


【評価 7点(10点満点)】
 展開としてはお決まりのパターンだが、意外と感動した。ロボットバトルも迫力あって、男であれば熱くなれるバトルである。ラストも納得の結果。

 ヒュー・ジャックマンはダメ親父な役で新鮮だが、やはり闘うシーンでは輝いている。やはりバトってこそのジャックマン。

 マックス役のダコタ。また凄い子役がでてきました。生意気な感じがちょと鼻につくが、ダンスはもちろんのこと、子供とは思えないほどの大人顔負け迫力の演技。


 ロボットボクシング。面白そうだけど、人の殴り合いを見たくない人でも楽しめそうですが、結局金持ちのスポーツで非現実的ですね。5万ドルが一発でパーとかやってけないだろ・・・。最早ハングリースポーツではないです。



ポッチットナ