サルナス・ヤシケビシャス
 連日の試合であっという間に1次ラウンドが終了しました。

グループA
1位 スペイン 4−1
2位 リトアニア 4−1
3位 トルコ 3-2
4位 イギリス 2−3
5位 ポーランド 2−3
6位 ポルトガル 0−5

 予想通りスペイン、リトアニア、トルコが2次ラウンドへ進出。スペインが無敗でいくと思いましたが、1位通過決めてのトルコ戦は足首を負傷してるパウ・ガソル温存でトルコに負けました。

 スペインはやっぱりガソルがエースで平均21点。密かに期待してるルビオ、ユーレはイマイチなようで・・・。


 リトアニアは、4−1ですが残念ながらスペインに敗戦し2位。でも、36歳ヤシケビシャスはベンチスタートですけど、結構活躍してるのが嬉しいです。何気にアシストのチームリーダーですし。


 トルコは、ポーランドに敗れる波乱がありましたが、なんとかパウ抜きのスペインに勝って2次ラウンドへ。世界選手権2010のような強さが見られません。

 イギリスはデンが1次ラウンドの得点王になりましたが、一歩及ばず。ゴードンが出場していればいけたかも。


グループB
1位 フランス 5-0
2位 セルビア 4-1
3位 ドイツ 3-2
4位 イスラエル 2-3
5位 イタリア 1-4
6位 ラトビア 0-5

 ここも予想通りの結果。フランスが1位ですが、セルビア戦はOTの96-97のギリギリ勝利。パーカーが平均23.8の5.4アシストでチームを引っ張ってます。


 セルビアは、フランス相手に接戦を繰り広げたので予想以上に強いかと。クリスティッチが平均17.2でリーディングスコアラー。テオドシッチは1次ラウンドのアシスト王で、平均7.6。セルビア、かなりのダークホースかと。


 ドイツも予想通りに3位通過。ノウィツキーが平均20.2点で、ケイマンが12.8点の10リバウンドとこの2人は期待通りの活躍ですが、やはり他ですねー。


 イタリアが1勝しかできなかったのは、ちょっと予想外。



グループC
1位 マケドニア 4-1
2位 ギリシャ 4-1
3位 フィンランド 2-3
4位 クロアチア 2-3
5位 ボスニア・ヘルツェコビナ 2-3
6位 モンテネグロ 1-4

 ここの結果にはビックリ。初戦モンテネグロに負けたマケドニアが、まさかの4連勝で1位通過とは!一応モンテパスキ・シエナのエース、ボー・マッカレブがいるからちょっとは気にしてましたが、ギリシャに圧勝しての1位は予想できませんでした。

 マッカレブは、20.6点の4.2Aと期待以上の大活躍。1次ラウンドの得点ランキングは、1位デン、2位パーカー、3位バルニャーニ、4位パウ・ガソルと上位がNBA選手で占められてますが、なんと5位がこのマッカレブ!近いうちにNBAに来そうな予感。生で見た私としてはマッカレブの活躍は嬉しいです。

 他だとアメリカの大学出身のペロ・アンティクが13.4点、9.4Rと活躍。マケドニアも以外なダークホース。


 ギリシャは、マケドニアに負けた以外はまぁ予想通りの強さ。フォトシスが13.0でリーディングスコアラー。ただ、やはりこのメンバーだと上位進出は厳しい感じがします。


 クロアチアがまさかの敗退は予想外。トミッチが16.6点と頑張ったんですけど。そして3位がクロアチアに負けたフィンランド。フィンランドの選手、誰も知らねー。

 モンテネグロは、最下位。いい選手はみんなセルビアにいるんでしょうかね。



グループD
1位 ロシア 5-0
2位 スロベニア 4-1
3位 グルジア 2-3
4位 ブルガリア 2-3
5位 ウクライナ 1-4
6位 ベルギー 0-5

 ここは予想通り。でも、ロシアVSスロベニアは、65-64の接戦でスロベニアも強いです。

 ロシアはやっぱりキリレンコがエースで、16.4点に6Rの活躍。

 スロベニアは、ローベックやラコビッチが活躍してます。

 グルジアは、パチュリアが13.6点とまずまずの活躍。


 
 1次ラウンドを終了してまだスペインの優勝は揺らぎませんが、パウのケガが気になりますね。2次ラウンドでマケドニアがどこまでやってくれるか楽しみです。

 
ポッチットナ