ブログネタ
スペイン に参加中!
マッカビ・エレクトラVSレアル・マドリード


3日目 2011年5月6日(金) 夜(スペイン日付)

 ユーロリーグは試合時間が40分なので1ゲームは約2時間で終了。NBAに慣れてしまってるので短く感じます。

 2ゲーム目のマッカビ・エレクトラVSレアル・マドリードは21:00から開始。もう完全夜の時間なんですけど・・・。

 1時間どう時間を潰そうかと場内をウロウロ。外に出れますがまた荷物検査待ちとか嫌なので出ませんでした。まぁ、30分くらいしたら選手が出てきたアップをし始めたのでそんな退屈しませんでしたよ。


バルセロナ

 レアル・マドリードの選手紹介。



 マッカビ・エレクトラの選手紹介。


マッカビファン
 イエローアーミーと呼ばれるマッカビのファン。

 イスラエル人がこんなにも熱い人種とは知りませんでした。








 パナシナイコスのファンも凄かったですがそれをはるかに上回るのがマッカビファン。人数が圧倒的に多く、さらに鳴り物持参でレアルファンの声をかき消します。

 でも、レアルファンも少ないながら結構マドリードコールが聞こえました。少なくともモンテパスキファンよりは声が出ていたかと。

 1個目の動画はまだパナシナイコスVSモンテパスキのゲーム中だというのに、いきなり騒ぎ出します。


ソフォ・スコーツァニーティス


ソフォ・スコーツァニーティス

 マッカビ注目選手はギリシャ人センターで、ベイビーシャックの異名を持つソフォ・スコーツァニーティス。2006年の世界選手権でブレイクしましたね。

 ファウルトラブルで出場時間が制限されながらも16点の活躍。ただあの体格にしてはまだゴール下を支配できてない感があります。

 アップ中は、ちんたらランニングしてました。


ジェレミー・パーゴ
 こちらはアメリカ人のジェレミー・パーゴ。13点、7アシストと活躍。



ソフォ・スコーツァニーティス



マッカビ・エレクトラVSレアル・マドリード
 マッカビで一番活躍したのはチャック・エディソン。3Pを3本決めて19点の活躍。



セルジオ・ユーレ
 こっちはレアルのエース、セルジオ・リュル。しかし、シュートの調子が悪く9点止まり。

 また、新人王のニコラ・ミロティッチは0点といいとこなし・・・。

 レアルで活躍したのは、トミッチが17点、レイズが14点。


マッカビ・エレクトラVSレアル・マドリード



Maccabi Electra 14 18 23 27 82
Real Madrid    12 17 18 16 63
観客数:15768人

 マッカビの圧勝でした。差が付いたのと夜遅いんで途中寝そうになっちゃいましたよ。

 こちらも単にFG%の差ですね。マッカビ52%に対してレアルは31%。これじゃ勝てません。

 そしてファンの応援でも差がありましたからね。1ゲームも含めファンが熱狂的なチームが勝ったファイナル4セミファイナルでした。





 こっちのゲームでのチアリーダは、バルセロナらしくフラメンコ風。


 あとNBAでもよく見るトランポリンを使ったダンクパフォーマンス。



 ダンクシーン。


 ゲームオーバー。


・旅行記17へ

・旅行記19へ


ポッチットナ