PIRATES OF THE CARIBBEAN
パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉(原題: PIRATES OF THE CARIBBEAN: ON STRANGER TIDES)  362本目 2011-22
上映時間 2時間21分
監督 ロブ・マーシャル
出演 ジョニー・デップ(ジャック・スパロウ) 、 ペネロペ・クルス(アンジェリカ)
    ジェフリー・ラッシュ(バルボッサ) 、 イアン・マクシェーン(黒ひげ)
    サム・クラフリン(フィリップ) 、 アストリッド・ベルジュ=フリスベ(シレーナ)
    ケヴィン・R・マクナリー(ギブス)
会場 TOHOシネマズ 府中 (2D鑑賞)


【あらすじ】
 元恋人の女海賊アンジェリカに騙され、ゾンビを操る黒ヒゲの船に乗って「生命の泉」を探すことになったキャプテン・ジャック・スパロウ。 さらにイギリスとスペインが加わり、泉を求め三つ巴の争いとなる。


【評価 6点(10点満点)】
 前の3部作で話に区切りがついてるが、1作目くらいは見ておいた方が登場人物について知ることができる。
ウィルもエリザベスも他ブラックパールの船員もいなくなってしまったが、キャプテン・ジャック・スパロウがいればパイレーツ・カリビアンである。

 でも、誰もいなくなってはちょっと物足りないのでバルボッサ、ギブスが登場したのは良かった。何気にこの2人も全作出演してますな。

 ストーリーは、期待しない通りの無難なディズニー映画の内容。まぁ、このシリーズは私の中で、キャプテン・ジャック・スパロウを見る映画となっているので。彼の動き、行動を見るだけで十分面白い。

 黒ヒゲの名前がティーチだったのには驚いた。「ワンピース」の黒ヒゲはここからきてるのか。つか、人魚があんな恐ろしいものとは・・・。

 キーラも美人だけど、ペネロペの方が女海賊らしいセクシーさを持っていると思いました。まぁ、キーラは海賊じゃないですけど。

 音楽にメキシコのギターデュオ、ロドリゴ・イ・カブリエラが参加してたのに驚いた。エンドロールで名前が出て知ったんだが、確かに思い返せばそうだった。一気にメジャーになっちゃってファンとしては複雑だ。2ndアルバム「格闘弦」はお勧め。

 このシリーズ、まだまだ続きそうだ。


・過去シリーズ感想
 ・パイレーツ・オブ・カリビアン デットマンズ・チェスト 
 ・パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド

ポッチットナ