星を追う子ども
星を追う子ども 360本目 2011-20
上映時間 1時間56分
監督 新海誠
出演(声) 入野自由(シュン/シン) 、 井上和彦(モリサキ(森崎 竜司))
       島本須美(リサ) 、 日高里菜(マナ)
       竹内順子(ミミ) 、 折笠富美子(アスナの母)
会場 新宿バルト9


【あらすじ】 
 山奥の田舎町で孤独に暮らすアスナ。ある日異世界の少年と出会うが、すぐに離れ離れになってしまう。
そしてアスナはある人物を蘇らせたいモリサキと共に、異世界へ旅に出ることになる。


【評価 7点(10点満点)】
 ファンタジーだが、割と重いテーマで見応えがあった。しかし、昔のジブリのファンタジー映画っぽかった。
監督もその辺意識しているらしいが、知らない人が見ればそう思ってしまうくらい、迫っているのは逆に凄い。そろそろジブリも新作ファンタジーを制作して欲しいものだ。
 前作「秒速5センチメートル」が良すぎただけに、ちょっと期待外れ感もでてしまった点もあるが、十分面白かった。

 美麗な背景は今回も健在だが、結構新海監督のキャラデザが好きだったのに、今回そうじゃないのが残念。主人公のアスナが見た目もうちょっとかわいければなぁ・・・。


ポッチットナ