ブログネタ
NBA に参加中!
JASON TERRY
 始まりました10-11シーズンのNBAファイナル。今年はマブスVSヒート。

  2006年のファイナルでは、J-WILLがいたのでヒートを応援してましたが、今年は断然マブスを応援です。


 5年前のファイナルを経験したメンバーで残っているのは、マブスがノウィツキーとテリー、ヒートがウェイドとハスレム。ヒートは一旦低迷したんで少ないのは分かりますが、マブスはその間も50勝以上と強豪を保ってたのに、2人しか残ってないのは意外というか、そんなにメンバー変えても強いのは凄いです。まぁ、シーズンだけの話ですけど・・・。ノウィツキーのエースっぷりが半端ないってのもありますね。

 あと、ダンピアーはその時マブスでしたが、今はヒートです。

・ゲーム1マブス 17 27 17 23 84
ヒート 16 27 22 27 92


 くそぅ、マブス負けた・・・。
 
 初戦だからか両チームともファイナルまで勝ち上がってきたチームとは思えないくらい不調で、パスミスといったイージーミスが多く、FG%もどちらも40%を下回る状況でした。
 
 ノウィツキーはチームハイの27Pだけど、カンファレンスファイナルの状態と比べると、得意のフェイダウェイがあまり決まらず、インサイドもカウントにはならず、ファウルをもらうのが精一杯。でもFTは12-12と流石。

 実は左の中指の靭帯を断裂だそうで・・・。

 ノウィツキーが点取れないならベンチが取るしかないんですけど、テリー、ペジャ、バレアも不調。 スティーブンソンの出番が少なかったのは、点がとれないからでしょうかね。
 
 キッドが最初に2本の3Pを決めた時は、いけると思ったんですけどね・・・。 それにしてもヘイウッドのFT%初めて知ったんですが、酷すぎる。 ノウィツキーに指導してもらえと思います。
 
 
 ヒートも不調でしたが、ビッグ3が全員しっかり活躍し、決めるべきとこで 決めやがりました。レブロンの前半終了時のブザービーターはいかんですよ。
 
 ビビーは不調過ぎてチャルマーズに出番をとられてました。カンファレンスファイナルでほぼ出番がなかったハワードが序盤に出てきて驚きました。
 
 ノウィツキーの負傷が気になりますが、5年前の例もありますんで、まだ慌てるような時間じゃない!



・ゲーム2
マブス 28 23 20 24 95
ヒート 28 23 24 18 93


 ロードでマブスが勝ったぁぁぁぁぁ!!4Q残り7分で15点差をひっくり返しての大逆転勝利!

 3Qまでのマブスは本当酷かった。点差は辛うじて一桁に保ってましたが、TOが多すぎます。というかヒートのディフェンスが凄かったというのもありましたけど、あんなミス連発して15点差開いたら諦めざるおえなかったですよ。

 それがまさかまさかの大逆転。長年NBA見てますけど、ファイナルであそこまでの大逆転は見たことないかと。最後に決めたのがノウィツキーってのがでかいですね。明らかにケガに影響がでてましたが、あそこでしっかり決めるとは侮れませんな!

 あとはマリオンがしっかりつないだり、スティーブンソンの3本の3Pも良かったです。リバウンドで10本以上差つけたのも大きいですね。

 ベンチもゲーム1よりはマシになりましたね。ペジェはまだまだですけど。あとヘイウッドのケガが気になります。


 ヒートは、ウェイドが絶好調の36P。ステップスルーって言葉初めて聞きました。あとはゲーム1で0Pのビビーが4本の3Pを決めましたが、それでも負けました。ラストプレイでタイムアウトが無かったのが厳しかったです。あそこでじっくりこられたら、確実にウェイドが決めてましたよ、あそこは。


 これでダラスに戻り、ホーム3連戦。このままダラスで決めて欲しいです。


ポッチットナ