ブログネタ
☆エジプト☆ に参加中!
ピラミッドコンプレックス入り口

●6日目 2010年8月28日(土) 午前(エジプト日付)

 メンフィス遺跡から30分くらい移動。お次はサッカーラにある階段ピラミッド。メンフィス遺跡と違って場所が砂漠なんであちいです。

 ピラミッドがある周辺をジォセル王のピラミッドコンプレックスといい、これが入り口の門。コンプレックスというのは複合建築のこと。


エジプト


大きな地図で見る


ピラミッドコンプレックス内部
 門をくぐると柱廊があります。ここはまた例のワンダラー共がいてうざいです。



ジョセル王のピラミッド
 これが通称階段ピラミッドと呼ばれている、ジォセル王のピラミッド。

 6重の階段状になっており、高さは約60mと、ギザの3大ピラミッドと比べても断然小さいです。しかし、階段状ってのが重量感があって三角錐よりごつい迫力があります。



ジョセル王のピラミッド2
 高さではギザのピラミッドに負けますが、このジォセル王のピラミッドがエジプトで初めて作られたピラミッドなのです。ギザのより100年古い紀元前2650年にできました。

 ピラミッドを墓として定義すると世界最古の墓になる、とヒマさんは言ってました。

 ここは残念ながら中には入れません。どうせ中にはなんもないんでしょうから別にいいですけど。


階段ピラミッド
 修復中らしいですがエジプトなんでいつ終わるか分からないそうで・・・。

 観に行った時間が9:30くらいなんですが、誰も作業してませんでした。のんびりとした仕事、なんと良いことか!


遠くに見えるピラミッド
 うっすら遠くにピラミッドが二つ見えます。ダフシュールにある赤のピラミッドと屈折ピラミッドだそうです。決して蜃気楼ではありません。

 しかし、周辺は一面砂漠ですねー。ギザだと街の音が聞こえるんですが、本当何も無いので静かです。

 静かな雰囲気でピラミッドが見れるのがなかなか良いです。そもそも観光客もそんなにいませんからねー。






日陰の野良犬
 バスに戻ると野犬が日陰で休んでました。轢かれないかが心配です。



ナツメヤシの木
 ピラミッド周辺には砂漠以外にナツメヤシの木がめっちゃあります。ここ一体全てナツメヤシの木です。


ナツメヤシの木に登る人
 ナツメヤシ収穫の現場を目撃。木に登って収穫って普通に凄すぎます!落ちたら重症レベルの高さですよ。

 ナツメヤシはこんな苦労をして収穫してるんですねー。まぁ、食ってねーすけど。




カーペットスクール
 オプショナルツアーなのにちゃっかりお土産屋もコースに入ってました。

 見てのとおりのカーペットスクールです。サッカーラはカーペットの産地だそうで、日本語で書いてあるとおり、確か日本がお金をだしたとかだしてないとか。

 例のごとく店主は日本語堪能。流石に子供達は無理でしたけど。


カーペットスクール2
 エジプトは学校が少なく子供全員通うことができないそうで、行けない子はこのカーペットスクールに通うそうです。


カーペットスクール3
 子供たちがカーペットを作る様子が見れますが、そのテクが凄いのなんの。まぁ、とりあえず下の動画を見てくださいよ。




 こんな技術を身につけるのに一体どれくらいかかるのやら・・・。どうやってあんな素早くやってちゃんと柄ができるんでしょうかね?そんで1つ作るのにどれくらいかかるのやら・・・。

 まぁ、こんな手作りで側も綺麗なカーペットなんて当然高価です。誰も購入してませんでしたねー。でも、今までのお土産のなかでは一番面白かったところですかね。本当子供達の技術は素晴らしかったです。


・旅行記19へ

・旅行記21へ


ポッチットナ