SHREK FOREVER AFTER
シュレック フォーエバー(原題: SHREK FOREVER AFTER) 336本目 2010-40
上映時間 1時間33分
監督 マイク・ミッチェル
出演 マイク・マイヤーズ(シュレック) 、 キャメロン・ディアス(フィオナ)
    エディ・マーフィ(ドンキー) 、 アントニオ・バンデラス(長ぐつをはいたネコ)
    ウォルト・ドーン(ランプルスティルスキン) 、 ラリー・キング(ドリス)
会場 TOHOシネマズ 府中


【あらすじ】
 3人の子供ができ、幸せな家庭を手にし平穏な日々を過ごすシュレック。しかし、家族や仲間に束縛される毎日に嫌気が差し、ある魔法使いとヤバイ契約をしてしまう。


【評価 5点(10点満点】
 人気シリーズの4作目。3で面白さが落ちてしまったが、シリーズ最終作ということで期待もしたが、さらに落ちてしまってた。

 3ではギャグやパロディがあって、笑えるところもそれなりにあったが、今回はそれも殆どなしで、ほぼシュレックとフィオナのラブストーリーである。


 シュレックの仲間達がどう活躍してくるのかが、楽しみであるのだが、今回はシュレックと同じ怪物が沢山登場し、活躍の場はなし。ネコのかわいさは健在ですけど。ラストにして、これは残念すぎる。


 2Dで見たかったのだが、3Dしか上映してなかったので仕方なく3D鑑賞。案の定3Dだからといってこれといって・・・。最早海外アニメは3Dが基本になってるが、なんとかならないものか。


【過去シリーズ感想】
シュレック
シュレック3



ポッチットナ