ブログネタ
☆エジプト☆ に参加中!
ギザ駅

●5日目 2010年8月27日(金) 午前(エジプト日付)

 5日目の朝です。寝台列車はギザ到着の1時間前に車掌が起こしにきて朝食がでます。

 例の如く1時間で着替え、飯、荷物整理とか無理なんで、到着予定7時の2時間前である5時に起床。

 目覚めもすっきり、揺れも音も気にならず普通にぐっすり寝れました。横になれるんで飛行機より確実に寝れます。そりゃ寝台ですから。

 着替えをして軽く荷物整理し、いつでも朝食がとれるようスタンバってましたが、6時になっても車掌が来ません。


エジプト


 最初に12時間の列車の旅と書きましたが、実のところ時間通りなんてありえないそうで・・・。

 なんと1時間半遅れ・・・。日本でこんなに遅延したらアホなやからがきれて駅員に暴力をふるちゃいますよ。

 でもここはエジプトなんで仕方なしですが、長距離列車で1時間以上遅延する理由がよく分かりませんな。

 信号トラブル?人身事故?強風?虫の大量発生?じゃぁもう最初から所要時間13時間ってしとけばいいのに!


 車内アナウンスがないので軽く不安になりますね。まぁ、あっても何言ってるのか分かりませんけどね。

 もしかして車掌にスルーされた?とか思ってしまいした。



ナイルエクスプレス朝ごはん
 7時頃にようやく車掌のモーニングコール。朝食はパンばっか。コーヒーかティーの無料サービス付き。

 朝食を片付けに来た際にチップの1ドルを渡します。車掌さん、いい感じの方でした。

 テキトーな感じかと思ってましたが、ちゃんと笑顔で心のこもってるサービスでした。

 もうすぐ到着しそうになったら、ちゃんと添乗員さんが知らせに来てくれますのでご安心を。



ギザの高層マンション
 8時半にギザ到着。やはりこれまでの街と違い都会なので人が多く賑やかです。ナイル川もなんだか違う印象です。

 バスでカイロに移動し最初の観光地は、モハメド・アリモスク。

 のはずでしたが、電車遅延の為に予定変更。

 明日の午後に予定変更して最初に考古学博物館へ。遅延に関してあんま気にしてませんでしたが、よくよく考えれば1時間半も遅れれば予定変わりますわな。


ギザの車
  想像以上に都会なギザ。大体の車がクーラーなくてサイドオープンカーなのに、こんな高層マンション建ってるのは驚きです。しかし、どうも地震がきたら倒壊しそうな感じで怖いです。



さんよー
 日本企業の看板があるあたり都会って感じですな。



考古学博物館
 博物館に到着すると既に沢山の観光客。

 中は撮影禁止で、カメラの持ち込みすらできません。添乗員さんが回収して預けてました。


考古学博物館2
 また、博物館なのでヒマさんは大きな声を出してのガイドができない為、全員にトランシーバーが配られます。

 別に館内は全然静かじゃないんですけど。むしろうるさいから付けたみたいだったのかな?


 博物館の広さは去年ヴァチカン美術館に行ったので大したことない感じですが、やはり展示物が大きいです。


 博物館は室内のくせに涼しくありませんでした。展示物の関係で涼しくできないんですかね?涼しかったのはツタンカーメンの部屋とミイラの部屋のみ。

 カーメンの黄金のマスクは思ったほど金ピカじゃなかったですが、やはり凄かったです。昔の技術ヤバす。


 そしてミイラなんですが、どうもあそこまで干からびちゃってると作り物っぽい感じがしてならない。

 ミイラ部屋は2箇所あるんですが、あれほど混雑してる博物館なのに、何故か2部屋目で数分1人の状態に。作り物っぽいって書きましたけど、その時は流石に恐怖を感じましたよ・・・。ミイラは死体ですからね。

 死体が数十体置かれてる部屋に1人なんてシチュ、そうそう体験できるもんじゃないですけど、普通に嫌です・・・。あと動物のミイラもありまして、とにかくワニがでかかったです。


考古学博物館3
 メインどころは見れたと思いますが、短い自由時間では全て見きれませんでした。

 これまでの観光地での自由時間はまぁそれなりに満足いく時間でしたが、ここは足りなすぎですね。

 2時間は欲しいところですが、強行スケジュールのツアーですから無理ですなー。




魚料理
 博物館見学が終わると今回は早めの昼食(11:30頃)これまで肉料理ばっかでしたが、初の魚料理。何の魚か忘れましたが、おいしかったです。



ナイル川の見えるレストラン

 ヒマさんがここのマンゴージュースをおいしいと言ってたので注文。これもおいしかったですけど、私は具がなくサラッとしてるほうが好きです。デザートはビュッフェで、甘すぎない普通のケーキが食べられます。


・旅行記14へ

・旅行記16へ


ポッチットナ