KNIGHT AND DYA
ナイト&デイ(原題:KNIGHT AND DAY) 332本目 2010-36
上映時間 1時間49分
監督 ジェームズ・マンゴールド
出演 トム・クルーズ(ロイ・ミラー) 、 キャメロン・ディアス(ジューン・ヘイヴンス)
    ピーター・サースガード(フィッツジェラルド) 、 ヴィオラ・デイヴィス(ジョージ長官)
    ポール・ダノ(−)
会場 TOHOシネマズ 日劇


【あらすじ】
 一般人女性ジェーンは、一流スパイミラーのある事件に巻き込まれ、多くの刺客に命を狙われるようになり、色んな国へ逃亡するようになるアクション映画。


【評価 8点(10点満点】
 トム・クルーズとキャメロン・ディアスのコンビだけで、十分興味をそそる映画である。

 アクションあり、ラブあり、笑いありのハリウッド王道娯楽映画。期待通りであるが、期待を裏切らない内容になんのストレスもなく楽しく見れる映画。

 舞台も色んな国を移動したりで、そこもなかなか楽しめる。カッコいい映画なのに、なぜこんなダサいポスターなのか・・・。


 やはりトム・クルーズはこの手のスパイ役をやらせたらピカイチ。カーチェイスやバイクで街中を疾走するシーンは迫力あり。ハゲデブで変な踊りとか踊る必要ないですよ。

 「MI4」がとても楽しみだが、できればもうちょっとスリムなって欲しいかなーと。


 キャメロン・ディアスは、セクシーな水着巣姿を披露してくれますが、ちっと短すぎやしませんかね。しかし、それ以上に銃撃戦でテンパるシーンがなんともかわいらしかった。


 しいて言うならトムとキャメロンが10年、いやあと5年くらい若ければ文句なしです。ポール・ダノも、何気になんかハマリ役だったかと思いました。


ポッチットナ