ブログネタ
☆エジプト☆ に参加中!
メムノンの巨像?

●3日目 2010年8月25日(水) 昼(エジプト日付)

 ハトシェプスト女王葬祭殿の次は昼食です。バスでまたナイル川近くまで戻ります。メムノンの巨像の前を通りちょっと行ったところに写真のものを発見。

 もしかして、これが例の2体増える予定のメムノンの巨像ですかね?大分できていない感じがしますけど・・・。


エジプト

エジプトのネコ
 まもなくしてレストランへ到着。一応室内ですが、ドアと窓がない建物なので暑くもないですが涼しくもない感じ。通常より大きい扇風機が回っています。

 完全室内じゃないのでニャンコが進入してきます。大人しくてテーブルに飛び乗ったりはせず、ひたすらウロウロしてはお座りして懇願の目で見つけてみます。

 失礼かもしれませんが、エジプトの野良にしては小ぎれいです。でも、やはり何かの菌を持っていないとは限らないので、触ったり食べ物は与えませんでした。



コシャリとナス
 昼食のメニューは、まずナスと豆の揚げ物。

 そしてエジプト料理で庶民料理コシャリ。ご飯にマカロニ、パスタを細かく切ったものと豆が入ってます。値段も牛丼チェーン店もビックリ、20〜30円だそうで。

 これだけでは味が薄く、トマトベースのソースをかけます。しかし、それでも味が薄くて塩と胡椒も投入。豆で結構腹一杯になり、割と量が多かったので完食できませんでした。

 つか、正直飽きる味です。炭水化物が多すぎだ!ちなみに、今回も最初にパンが出ました。

 デザートにはバナナ。これは日本で食べるのと同じでした。フルーツも結局エジプト水で洗われるので危険と言われてますが、流石にバナナは大丈夫ですね。



船に乗船
 食事の後は、ナイル川クルーズ!といっても、ただ西から東に渡るだけなんですけどね。



ルクソール神殿
 船からは昨日行ったルクソール神殿が見ます。やはり大きな建造物は遠くから見るとより迫力が伝わってきます。手前のでかい船が邪魔ですけど。



ルクソール神殿のオベリスク
 オベリスクもしっかり見えます。



船内部
 川の流れは穏やかで大した揺れません。水質も思った程汚れてはいませんでした。水は触りませんでしたけど。


 丁度お祈りの時間のようで、そこら中でよく分からない放送が鳴り響いていました。アザーンというらしく、イスラム教は1日5回お祈りするので、アザーンも5回流れます。まぁ、そんな気にならるもんでもなかったです。


 
 船から下りるとバスが待機していたので、そのまま乗って次の目的地へ。次はお土産屋その2、アクセサリー屋です。カトゥルーシュに自分の名前を入れたペンダントを作ってくれるそうで。

 しかも、翌日くらいには手に入るとか。18金なので、値段もそれなりにしたかと。こういうのはやはり女性がくいつきますね。男性陣は店内をブラブラして、すぐバスに戻ちゃってました。私もここでトイレを済ましてバスで休憩。


 買い物が終わると、ここからは別の都市へ移動。ルクソールとはお別れして南にあるアスワンへ向かいます。距離にして240キロ、移動時間約3時間半の旅です。


ナイル川で遊ぶ子供
 エジプトはナイル川沿いに街がありますので、当然道路もナイル川に沿っています。

 長時間の移動ですが、外を見ていればそれほど退屈はしません。つか、バスであまり寝られない性質で、30分くらいで直ぐに目が覚めちゃいました。

 ナイル川で遊ぶ子供たち。橋から飛び降りるのは楽しそうです。
 


ナイル川沿いに走る列車
 エジプトの列車。アスワンまでの間、3回くらいしか目撃しなかったので頻繁には走ってなさそうです。



エジプトの駅
 いかにも無人っぽい駅。また色が砂色でエジプトっぽいです。見た感じちゃんとした駅になっているのは意外。


 まだまだアスワンへの道は遠い・・・。続く。


・旅行記7へ

・旅行記9へ


ポッチットナ