ブログネタ
☆エジプト☆ に参加中!
スフィンクス
 8月23日から8月29日の間、夏休みを利用してエジプトに行って来ました。今回で海外旅行10回目という記念すべき回に、いよいよアフリカ大陸進出です。

 今年エジプトに行こうと思ったきっかけは特にありません。まぁ、エジプトは前々から行きたかったんですけど、夏に行く所じゃないよなーって思ってたんですよ。
 
 ですが、今の会社で働いている以上、長期休暇は7〜9月の間しかとれないわけで、夏じゃないと行く機会がない・・・。もうこりゃ覚悟決めるしかないかなーと。

 一応他にもロシア、デンマーク、ドイツって候補がありましたが、私海外はHISと決めておりまして休暇を取れる時期に良い感じのツアーがエジプトしかなかったので、消去法で決定いたしました。

 あと、スフィンクスが塩害で崩れかけてるってニュースを聞きまして、こりゃ早く行っとかないと、と思い決定にいたりました。あと、エジプトは昔ローマ帝国に支配されており、丁度去年ローマに行ってきたので、そんな繋がりも無きにしも非ず。


エジプト

 海外旅行はいつも飛行機とホテルだけ用意してもらって、後は自由行動というスタイルなんですが、今回はエジプトということで不安がいっぱいなので添乗員付きツアーを申し込むことにしました。
 


 では、まず簡単にエジプト情報を。


大きな地図で見る

・アフリカ大陸の北東部にあり、緯度は九州あたりと同じ。時差は7時間。
・国土は日本の約3倍ありますが、90%以上が砂漠。
・人口は約8300万人で、言語はアラビア語。
・イスラム教スンイ派が90%を占め、残りはコプト・キリスト教。
・現大統領のムバラク大統領は、1981年から務めておりただいま82歳。
・夏は普通に40度を越えるが、冬はちゃんと寒い。

 いろいろ驚き事項がありますね。国土の90%が砂漠って、鳥取もびっくりです。それと大統領、私が生まれる前からやってるなんて長すぎですって・・・。


 あとエジプトに行くに際して、普段持って行かない持ち物がいくつかあったので紹介。

・帽子
 正直あってもなくてもいいかな。普段被らないので3日目くらいで煩わしくなってきました。


・サングラス
 普段掛けない人もエジプトでは必須。無いと眉間のシワが酷くなるね。


・日焼け止め
 ツアーなんで実際そんな日差しに当たる時間が長くなかったです。多少焼けましたけど、風呂に入ってもヒリヒリするレベルじゃないです。こちらも3日目からは面倒だから塗るのを止めました。そういえば日焼け止め塗るの人生で初かも?


・冷えピタ
 バスの中で使用。初めて使いましたが、思ったほど冷えないですね。あとそんなにピタっとしなかった。


・懐中電灯
 停電がよくあるらしいとのことで。まぁ、ツアーで行くホテルではそんなことないですが。あとクフ王のピラミッドはマジ暗いので必要。


・ポカリの粉
 HISの人にも事前の確認電話で持ってきてと言われました。脱水症状に効果的。あと毎日水だと飽きてきます。ただ1リットル用だと1回で使いきらないので、ジップロックなどに移すとよいかも。


・扇子
 遺跡内でよく使いました。外人さんも割と持ってる人がいました。


・除菌ウェットティッシュ
 レストランではおしぼりが出ないということで持って行きました。まぁ、レストランにはトイレがありますのでそこで手を洗えます。

 ちなみにポケットティッシュをいつもより多めに持っていきました。トイレには基本紙がないと思ってください。チップのいるトイレは必要最低限しかくれません。


・ミネラルウォーター
 とにかくエジプトの水は飲んだらあかんということで、スーツケースに余裕があるので5本くらい持っていきました。しかし、水はHISが用意してくれていて、バス内で600mlを2本1ドルで売ってくれます。バスの冷蔵庫にあるのでちゃんと冷えてます。

 普通に安いので持ってく必要なかったなーと。持ってくなら水以外の飲み物が良いかと。ただ今回のホテルはどこも冷蔵庫がイマイチだったので、ぬるくてもいいのをお勧めします。


・ウィダーインゼリー
 暑さで食欲がなくなった時用に。カロリーメイトはいつも持って行きますが、食欲のないときは固形物じゃないほうがいいということで。


・下痢止め
 エジプトの下痢、通称エジ下痢にあたると大変酷いということでストッパを購入。下痢止めなんて初めて買いました。


・ストール
 首の日焼けや砂埃から口を守る用に。砂埃は殆ど無かったので一切使用しませんでした。


・保冷水筒
 入れ替えるのが面倒で使いませんでした。なんせ、1日4本くらい水を飲みますんで。


 コンセントの変換アダプタは、フィンランド、ローマで使ったのがそのまま使えたので買わずに済みました。


 以上がエジプト用に持っていた持ち物です。


 通貨はアメリカドルが使えるということで、ドルしか持って行きませんでした。

 空港についてエジプトポンドに換金しましたが、エジプトポンドが必要になるのは、王家の谷のツタンカーメンのお墓と考古学博物館のミイラ室のチケットのみでした。

 もちろんそこ以外でも使えますけど、本当アメリカドルでこと足りました。ちなみにツアー関連のお土産屋では日本円も使えます。


 持って行ったお金は300ドル程度。ツアーに食事代も入場料金も含まれてますからね。本当お土産代くらいしか用途ないです。でも、食事では飲み物が別料金なのでそこで毎回5ドルくらい必要となります。


 お金の話が出たので、ここで今回の旅行代金を紹介。

 旅行代金 189,800円
 一人部屋追加代金 28,000円
 早期割引(60日前予約) -5,000円 1 -5,000円
 日本国内空港使用料 2,540円
 現地税 2,370円
 オプショナルツアー メンフィス&サッカラ観光 8180円

  合計 225,790円

 こちらは現地で払った代金。
 オプショナルツアー アブシンベル神殿観光 170ドル
 ビザ代 15ドル
  合計 185ドル

 アブシンベルは当初申し込んでなかったんですが、現地ツアーガイドがこれでもかというくらいお勧めするんで急遽行くことに。ビザは空港で簡単に取れるので、日本で用意していく必要なし。


 服装に関しては、日差しが強烈で風も熱波ということで長袖が良いという情報を仕入れましたが、普通に半袖でも行けました。

 日焼け止めのとこにも書きましたが、実際日差しに当たり続ける時間は長くても45分くらいなので、半袖で問題なかったです。つか熱波じゃなかったし。

 念のため長袖は持って行きましたが、着たのはバスで長時間移動する時と帰りの飛行機の中でのみ。建物の中がめっちゃ寒いといいますが、止まったホテルは普通に快適な温度でした。

 但しこれは一般男子の意見なんで、女性は参考にならないかもしれません。

 

 次回から本格的な旅行記の開始です。

・旅行記2へ


ポッチットナ