ブログネタ
イタリア に参加中!
ローマ水道橋

●5日目 2009年9月2日(水) 朝(イタリア日付)

 本日が帰国する日なんですがまだまだ観光は終わりません。空港への送迎バスの集合時間まで割と時間があるので、早朝にさくっと近場へ観光に行ったよ。

 最初そこへはバスで行こうかと思いましたが、降りるバス停がちゃんと把握できてなかったので、地下鉄で行くことに。割と時間があるといっても、せいぜい1時間程度。迷うことは絶対したくないもんでー。

 6:30にホテルを出ていつも以上に人気のないホテル最寄の地下鉄駅へ。3日間チケットが切れたので1階乗車チケット買って、サン・ジョヴァンニ駅へ。


ローマ
 サン・ジョヴァンニ駅から地上に出ると、アッピア街道から繋がってるローマ水道橋があります。ここら辺の交通状況、早朝だというのに混雑しとります。しかし、路上を歩いてる人はほぼ皆無。



ローマ水道橋2
 裏側は公園みたいな感じになっています。丁度犬を放し飼いで散歩している人がいました。

 最初野良犬かと思い割と大きい犬だったのでちょっとビビリました。



巡礼者?
 その公園の近くには、こんな銅像が。どうやらなにかにすがっているように伺えます。

 この銅像の方向に何があるかというとー、



サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂
 サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂です。

 ここは教皇座がヴァチカンに移るまで、長い間カトリック教会の中心的存在であった大聖堂。つまり旧ヴァチカンみたいなとこという、実は凄い場所です。

 そんな場所なんで、ヴァチカン市国の領地外ですがヴァチカンの領地である場所。



上部の像
 大聖堂のファサードにあるのは多分キリスト。他は、使徒かな?アレッサンドロ・ガリレイって人が作成。



こーいう図
 さっきの像の目線から見ると、こんな感じ。狙って造ったんでしょうけど、なんとも面白い構図ですね。




ラテラーノ大聖堂内部
 早朝ということで、観光に適した人の少なさ。そして薄暗い・・・。



ラテラーノ大聖堂内部2
 権威と栄光を示すには古くて広さも十分じゃなく法王の座がサン・ピエトロに移されたそうです。

 確かにサン・ピエトロと比べてしまうと見劣りしますが、それでも元カトリックの中心。サン・ピエトロを除けば、今回観光した教会では1番の広さです。調べたらローマで2番目に大きい教会だと。



法王専用祭壇
 一際目立つ法王の専用祭壇です。



キリスト像
 その下にはキリストの像。なんか目がチープな感じを醸し出しています。



ペトロとパウロの頭部
 そしてその上には、聖遺物であるペトロとパウロの頭部が収められてるとのこと。

 頭部っつーことは、頭蓋骨ですよね?どんな感じで残ってるのかちょっと気になります。



ラテラーノ大聖堂内部3
 てっきり殆ど人がいないと思ったら、ちゃんと早朝ミサをやってました。この写真の場所じゃないけど。

 
 この大聖堂には他にヴァチカン歴史博物館や回廊といった有料の見物場所もありますが、そこは流石に早朝からはやっていないので見れず・・・。残念だが仕方なし。

 つか、本当薄暗くてあんま写真がちゃんと撮れなくて無念。



スカラ・サンタ
 ラテラーノ大聖堂近くには、聖なる階段、スカラ・サンタというのがあります。



スカラ・サンタで祈る人々
 言い伝えでは、この28段の階段はエルサレムのビラト宮殿にあったもので、キリストが裁判の日に上ったこととなってるらしく、跪いて上る信者が後を絶たないそうです。

 そんな階段となると信者でなくとも上ってみたくなります。跪く気ははさらさらないですけど。

 早速中に入ると、既に3人の信者が祈ってるじゃありませんか!流石にこの状況でずかずかと上るのはないと思い、断念しました。聖なる階段の両サイドには普通の階段があって、階段の先にある礼拝堂のところへ行けます。


スカラ・サンタの礼拝堂
 礼拝堂は非公開ですが、窓越しに除けます。軽く礼拝堂を除いて階段を降りると、信者の方々1段も上がってない!

 4,5分は経った思われますが、一体1段上がるのに何分掛けるんでしょうかね?つか、膝痛くなると思うんですけど、信者の方は気にしないんでしょうねー。


 上らずに終わったスカラ・サンタを後にし帰りもバスでホテルへ。これで本当に観光が終了しました。


 後は、無事に日本に帰国するのみです。


・旅行記19へ

・旅行記21へ


ポッチットナ