ブログネタ
イタリア に参加中!
パラティーノの丘 入り口

●4日目 2009年9月1日(火) 夕方(イタリア日付)

 コロッセオ観光が終わったら、お次は共通チケットで入れる最後の場所パラティーノの丘。ここは昔のローマの高級住宅地だったところ。

 最初に言っておくと、パラティーノの丘はフェロ・ロマーノと続けて観光したほうがよいです。何故ならパラティーノの丘の入り口が遠いから!
 
 てっきりフェロ・ロマーノのコロッセオ近く出口から入れると思ったら、そこは出口専用・・・。遠さ的にはコロッセオからフェロ・ロマーノの入り口くらいあるかと。


ローマ
結局コロッセオ方面に戻る
 パラティーノの丘入り口から入ると結局さっきの出口までのルートに戻るという、なんとも効率の悪い順序となってしまいます。もっとちゃんと考えて欲しいものですね。途中、コロッセオ見えましたよ。

 もう夕方近くってこともあってかパラティーノの丘入り口は空いてます。いや、でもコロッセオはまだ沢山人がおったが・・・。



RIMG0288
 丘というとで当然登ります・・・。かといってここまで来て引き返すとかないので登るしかありません。

 まぁ、高いとこからの眺めは好きですからいいですけど。



RIMG0281


RIMG0289


RIMG0298
 丘からは午前中に観光したフェロ・ロマーノが一望できます。

 間近で見るのも良いですが、広い遺跡は上から見るほうが格別ですな。ヴィットリアーノも何気に見えます。



RIMG0305
 さらに上に登ると世界で最初の植物園といわれてる、ファルネジアーニの庭園があります。

 16世紀にファルネーゼ家が造ったそうですが、世界最初っていっても意外と最近なんですねー。ちなみにこの近くに水飲み場とトイレがあります。



ジャニコロの丘とサン・ピエトロ
 パラティーノの丘から見れる風景その2、ジャニコロの丘とサン・ピエトロ大聖堂。つ

 か、サン・ピエトロはローマの高い場所に登れば大抵見えますね。流石に新鮮さに欠けます。



アウグストゥスの家
 高級住宅地だったというのがよく分かるのがこれ。アウグストゥスの家です。

 この写真じゃどんな家か全く分かりませんね。中にも入れるそうですが、普通にスルーしちゃいました。つか、行った時は閉鎖されてたかも?どうも入り口が分かりませんでした。



遺跡広場
 パラティーノの丘も割と遺跡と触れ合えます。なんとカクレンボに相応しい場所だことか。



チルコ・マッシモ
 パラティーノの丘から見れる風景その3、チルコ・マッシモ。

 ローマ時代、最も大きい円形競技場で、映画「ベン・ハー」みたいな馬の戦車のレースが繰り広げられ、約15万人収容できたといわれています。さらに最終的には30万人収容できるよう拡張工事されたとか!さすがにそれは疑わしいです。

 549年を最後に使われなくなったとあって面影が一切ないですが、なんとなく郷愁を感じます。夕暮れ時に見るとベストかと思いますね。



噴水
 中央噴水の遺構。隅っこに写ってる人は関係者の方で、一般の人は降りれません。



でかい木
 フォロ・ロマーノと違ってパラティーノの丘は割と緑がある遺跡。こんな立派な木が根をはってます。




スタディオ1


スタディオ2
 楕円形のスタディオ。馬場として使用されたと言われてますが、正確には分かっていない場所。



イタリアンキャット
 なんと遺跡でまさかの野良ネコ発見!

 ネコを見かけるとつい手を伸ばしてしまう習性があるので、ゆーくり近づこうとしたら、餌やりおばさん登場。何か言ってんですが当然分からず、なんとなく近づくなという雰囲気を出してたので、早々に退散。

 しかし、一応貴重な遺跡なんですけど、そんな場所に野良ネコがいていいんでしょうかね?あと、餌やりおばさん。毎度入場料払って来てるんでしょうか・・・。謎です。



スタディオ3
 割と日が傾いてきたので、最後にもう一回スタディオ見てパラティーノの丘観光を終了。出口は入り口と同じとこ・・・。


 これでフォロ・ロマーノ、コロッセオ、パラティーノの丘と3ヶ所周りましたが、どれも面白かったです。順位つけるとしたら、コロッセオ、パラティーノの丘、フォロ・ロマーノですかね。

 ただ、やはり歩きっぱなしで疲れます。こういった遺跡はのんびり見たいものですが、いかんせん時間の問題が・・・。そのせいかパラティーノの丘はわりと急ぎ足となってしまいました。

 この時17:30。まだまだ観光は続きます。つか、明日は帰る日なのでショップに行くには今日しかありません。急いで地下鉄に乗ってスペイン広場へ。



・旅行記17へ

・旅行記19へ


ポッチットナ