IRON MAN 2
アイアンマン2(原題:IRON MAN 2)319本目 2010-23
上映時間 2時間4分
監督 ジョン・ファヴロー
出演 ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク) 、 グウィネス・パルトロー(ペッパー・ポッツ)
     ドン・チードル(ローディ) 、 スカーレット・ヨハンソン(ブラック・ウィドー)
     サム・ロックウェル(ジャスティン・ハマー) 、 ミッキー・ローク(ウィップラッシュ)
     サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー) 、 ジョン・ファヴロー(ハッピー・ホーガン)
会場 TOHOシネマズ スカラ座


【あらすじ】
 アメコミ原作、「バットマン」と同じく普通の人間の会社の社長が世の平和を守るヒーロー映画の続編。
でも、「バットマン」とは正反対のメチャクチャ明るいエンタテイメントヒーロー映画。

 アイアンマンの正体を堂々と公表して大人気となったトニー・スターク。
しかし、良い事ばかりでなく、国からスーツを引き渡しを要求され、そのスーツを付け狙うライバル企業の画策、スーツ使用の副作用。
 そして、ついに同様のスーツを開発してアイアンマンを倒そうとする科学者の登場、明らかになっていく組織シールドと、前作以上の大迫力のバトルを繰り広げる。


【評価 7点(10点満点)】
 期待通りに安心した楽しめたヒーローショー的エンタテイメント映画。バトルシーンも前作よりパワーアップ。
 ダウニーのスターク社長本当はまり役。ミッキー・ロークも見た目「レスラー」そのままの感じだが、スタークのライバルとしては適役だ。女性陣も活躍しており、なによりパルトロウが気のせいかキレイになっております。

 各所で流れるオーストラリアのロックバンド、AC/DCのロックナンバーもよくあっていた。

 今回もエンドロール後にお楽しみがあるので、最後までシットダウン!


 「アイアンマン」のレビュー


ポッチットナ


【ネタバレ感想】
 またもや続編ありそうなラストでしたが、どうやら3部作だったようでー。

 そしてシールドについても明らかになってきましたけど、まさか別映画の「アベンジャー」ってのがあるとは!ちゃんとダウニーのアイアンマンで登場するとのことで、これも楽しみですねー。

 前作を飛行機の中で見たからか、あまりアイアンマンの知識が無かったんですよ。親友の軍人がドン・チードルに代わってるの気付きませんでした。あと、運転手が監督ってのは一番の驚き。今回は格闘までしちゃって、割と活躍してるし・・・。

 
 トニー・スタークは本当かっこいいです。魅せ方をよく知っていて、根っからのエンターテナーですよ。
 
 
 ミッキー、レース場で現れた時、割とあっさりやられちゃって「まさかここで終わりか?」と思ったらちゃんとパワーアップしてきて安心しました。しかし、最初のスーツはどう考えても防御力が弱すぎと思いますが・・・。顔面にワンパンくらったら即死すると思うんですが、なんという自殺行為でしょうか。


 アイアンマンはかっこいいですが、やはり新たな武器を作ればみな真似をする。結局武器の作成は負のスパイラルだと思います。

 
 戦闘でかなりエキスポ会場が破壊されましたが、あれ絶対死人出てますよね。流れ弾当たるでしょーに。その辺は「バットマン」じゃないんで、描写しないですねー。


【映画以外の感想】
 有楽町界隈のTOHOシネマズは初回は自由席であるが、これが不便なことこの上ない。
 14日っつーことで事前にネット予約したいのに、早めに行って窓口に並ばなければならない。何で自由席なんすかね?