ブログネタ
イタリア に参加中!
サンタンジェロ城への道

●3日目 2009年8月31日(月) 夕方(イタリア日付)
 
 サン・ピエトロ大聖堂のお次は先ほどクーポラからも見えたらサンタンジェロ城へ移動。教皇候補が監禁されてたとこです。

 流石にあの通路は通れないので、普通に下の道で行くことにしました。

 どこで車が大爆発するかビクビクしながらね。


ローマ
サンタンジェロ城1
 サン・ピエトロ広場から10分くらい歩いて、大きな道路を渡ればすぐにサンタンジェロ城。

 サンタンジェロ城について簡単に説明しておくと、139年ハドリアヌス帝の霊廟として造られたもので、その後は軍事要塞として使われ、牢獄や避難所としても使われたそうです。

確かに見た感じいかにも要塞って雰囲気ですね。あんまり城っぽくないですな。
 
 先ほども書きましたが、「天使と悪魔」で教皇候補が監禁されてたとこ。しかし、監獄としても使われてたわけで、なんとなくすぐに気付きそうな感じもすんですけど・・・、ラングドン教授・・・。



大天使ミカエル
 天辺に大天使ミカエル像がありますが、この像がサンタンジェロ城の由来だそうで。

 590年、教皇グレゴリウス1世が城の頂上で剣を鞘に収める大天使ミカエルを見たらしく、その時流行してたペストが終焉したという。そして16世紀に実際にこの像が設置されたといいます。

 日本語で呼ぶと分かりづらいかもしれませんが、セイント・エンジェルということでサンタンジェロなのです。



サンタンジェロ橋
 サンタンジェロ城の前に流れるテヴェレ河に架かるサンタンジェロ橋。

 流石ヴァチカン、橋に天使の彫刻が飾ってあり、単なる橋でも豪華です。普通に犬の散歩してる人もいますがー。



天使の像1
 彫刻といえばベルニーニ!もちろんレプリカで、野ざらしとあっちゃー指は折れてしまいますね。

 なんだか、武道家の構えっぽい感じがします。



天使の像2
 こちらは何やら鈍器のようなものを持っています。

 恐らく悪魔の脳みそをぶち撒ける担当だと思います。(勝手な想像)



サンタンジェロ橋
 そして橋から見るサンタンジェロ城。ここが城を見るベストポジションですね。

 肝心の内部なんですが実は入れてません。普通に開場時間が過ぎてるとか、誰かを監禁してるからではなく、月曜はお休みなんですよ。

 まぁ、ガイドブックを見て初めから分かってたことなんで別にいいすけど。

 もうクーポラで大分体力を消耗してしまったので城内を探索する元気などもうないです。でも、やっぱ1度は中に入りたいです・・・。

 そういえば上のほうを見たら人がいたんですが、警備員の人かな?もしや・・・?!(このネタしつこいですね)



裏
 中に入れないので残る見所は、外周のみ。周りは広場になっており、子供の遊び場となっています。何して遊んでるかというと、そこはローマというこでサッカーです。



サンタンジェロ城の後ろ
 しかし、こんな歴史建造物の真下でサッカーなんて考えられませんね。

 もしかして、城壁にボール蹴ったりするのかな?見てる限りそんなことはしてませんでしたけど、やってる限り当たってしまうと思いますが・・・。まぁ、城壁ですから頑丈でしょうよ!


 城を一周すればもう見るとこないので、近くのバス停に行きテルミニ駅へ。

 テルミニ駅に着くと、もう19:00をまわっているので本日の観光はここまで。ホテルに戻って休むだけなので、テルミニ駅地下でスーパーで飯を買うことにしました。

 日本と同じくカゴがあるんですが、それが子供が引くおもちゃみたいな仕様なのが面白いです。楽ですが、曲がり角には気をつけないといけませんね。


 海外旅行で食にこだわらない私ですが、ピザを売っていたのでせっかくだから買うとにしました。

 なんか蠅が飛んでましたが、そこは気にしない方向で。とりあえず1ピースと指差して2つほど購入。若干大きめな感じもしましたが、そこは英語力がないので我慢です。

 あとは、ホテルの朝食にバナナが無かったからバナナを買い、飲み物も何本か買っていきました。


 ホテルまでもバスに乗ることにしましたがこれが中々来ず・・・。

 ピザが冷めてしまうという心配もありますが、バスでホテル方面に戻るのが初めてなので、周りが暗くなってきたのでちゃんと降りられるかどうか不安になってきました。


 下車するとこを見逃さないよう外を凝視してたので問題なく帰れました。

 そして冷めかけのピザを食べました。味は流石に覚えてません。まぁ、印象に残ってない時点で大したもんでもないですけど、所詮はスーパーのピザ。ローマにあるピザ全てがうまいなんてありえませんから!

 
 これにて3日目終了です。


・旅行記13へ

・旅行記15へ


ポッチットナ