ブログネタ
バスケットボール に参加中!
Ricky Rubio

 FCバルセロナ VS レアル・マドリードがTVで放送されていたので見ました。当然このブログに載るということはバスケのユーロリーグのことです。


 欧州にある191チームのバスケチームの頂点を決める戦い。いわゆるサッカーのチャンピオンズリーグと同じです。


 去年からJSPORTSで放送されるようになったユーロリーグ。昨年はファイナル4のみの放送ですが、今年はクォーターファイナルから放送してくれました。

 クォーターファイナルは、先に3勝した方が次に進められ、この時点では8チームが残っています。



 
・FCバルセロナ(スペイン) VS レアル・マドリード(スペイン)
・マッカビ・エレクトラ(イスラエル) VS パルチザン・ベオグラード(セルビア)
・CSKAモスクワ(ロシア) VS カハ・ラボラル(スペイン)
・オリンピアコス(ギリシャ) VS プロコム(ポーランド)

 やはりスペイン勢が強いですな。去年のチャンピオンチーム、パナシナイコスがいないのが驚きです。ヤシケビシャスのプレイが見たかったんですが。

 去年準優勝のCSKAモスクワは残ってますね。あと注目は、ギリシャ代表パパルーカスのいるオリンピアコスです。




 今回、FCバルセロナ VS レアル・マドリードのゲーム1、3、4を見ることができました。他のカードも見たかったんですが、何故そんなにこの対戦カードを推すのか・・・。


 まぁ、バルサにリッキー・ルビオがいるからでしょうかねー。14歳でプロになり、北京オリンピックでいっきにその名を知らしめ、2009年のドラフトでもミネソタに5位指名された19歳の若き天才プレイヤー。

 契約の問題で結局でNBA入りは見送られてましたが、バルサに加入したんですねー。



 ちなみに次の段階であるファイナル4は1発勝負。ということで、既にバルサが1番放送されたチームになりますね。



 その注目のルビオは、スターターで期待通りの活躍をしておりました。シーズンは無敗!電光石火の切り込みであっさりレイアップを決めるスピードは最高です。

 PGなんでそれほど点はとりませんが、ゲーム4では19点と活躍。3Pもしっかり決められます。あとディフェンスも結構よいです。



 ただ、バルサのエースはまだルビオじゃないですね。エースは、ファン・カルロス・ナバーロです。親友のパウ・ガソールとプレイする為、グリズリーズに来ましたが、ガソールがレイカーズにいってしまい、結局1年で戻った彼です。


 グリズリーズでは大した実績は残してませんが、やっぱ本気のナバーロは凄かったです。ここぞで決める勝負強さは半端ないですね。



 ユーロで活躍している人は、自国で活躍したいって想いがあってあまりNBAに行きたがらないそうで。ギリシャ代表のパパルーカスもそうらしいです。


 バルサで他に目立ったプレイヤーは、ピート・ミカエル、ンドング、バジーレ、バスケスあたりかな。



 レアルには、NBAでお馴染みのマルコ・ヤリッチとホルヘ・ガルバホサがいました。ガルバホサ、ラプターズにおらんと思ったら、ユーロに戻ってたんですね。レアルではユーレとトミッチってプレイヤーが良かったです。



 そして、ファイナル4に残ったのはこのチーム。FCバルセロナ、パルチザン・ベオグラード、CSKAモスクワ、・オリンピアコス。


 ちょっとNBAより楽しみである。
ポッチットナ