ブログネタ
イタリア に参加中!
サン・ピエトロ広場

●3日目 2009年8月31日(月) 夕方(イタリア日付)

 テルミニ駅を出発し、バスはヴァチカン市国へ。テルミニら辺の道路は石畳というのが多くてバスがめちゃ揺れる。立っているので余計感じます。石畳ってなんのメリットがあるんでしょうか・・・。

 途中ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂の前を通ったので、明日はこのバスで行こうと思いました。

 約15分くらいで到着。でも、停車駅がサン・ピエトロ大聖堂より結構離れてる・・・。


ローマ


 ようやく来ました、サン・ピエトロ広場!やはりここ来ないとヴァチカンに来た感じがしません。この広場を設計したのはベルニーニ。さっき行ったマッジョーレ大聖堂に眠ってる人です。

 人で埋め尽くされてないせいか、やたら広く感じます。なんでも30万人収容できるそうです。そりゃ広い。

 30万人って想像つきませんね。30万人収容できるスタジアムとかないですしねー。GLAYの10万人ライブの3倍と想像すればよいでしょうか。



柱
 左右2列に並ぶ柱は284本あるそうです。めんどいので実際に数えませんでした。暑いので回廊の下で涼んでるひとが多いです。

 回廊の上にある像は、歴代法王と聖人の像で140体あります。現時点でほぼうまってるん感じなんですが、この先当然増えるわけですがどうすんでしょうかね?



中央のオベリスク
 広場中央にあるオベリスクは、1世紀にエジプトから持ってきたもの。

 なんかオベリスクは根こそぎエジプトから持ってきてるような・・・。で、オベリスクのある位置は、サン・ピエトロ(聖ペテロ)が逆さ十字の刑にあった場所。

 ここの周りにも飲み水あり。ここも飲んで平気でした。



パナソニック!
 なんかパナソニック製の大画面があるんですけど。まぁ、30万人もいたら後ろの方なんて全く見えませんからね。これで法王もアップで見れて安心です。

 どうでもいいですけど、ヴァチカンの家電はパナソニックが人気なんでしょうかね。私もわりとパナ製品好きです。



ファサード
 さて、いよいよサン・ピエトロ大聖堂に入るわけですが、そこはカトリック教会の総本山。そこらにある教会とは違うのですよ。

 入るには軽い荷物検査とボディチェック。チェックレベルは博物館と同じで、時計やベルトまで外す必要はないです。それが済んだらまた別途服装検査でノースリーブや短パン、ミニスカはNG。

 ふと思ったんですけど、SLAYERとか凶悪なブラックメタルバンドのTシャツはOKなのかな?それとも冒涜になりますかね?旅行にアーク・エネミーの髑髏Tシャツ持って行きましたが、流石に着ていくことができませんでした。

 つか、普通にガイドブックに書いてありますが、それでも違反してしまうアホなんているんでしょうかね?



スイス衛兵
 写真はスイス衛兵ですが、彼らが検査するわけじゃないです。ひたすらじっと監視しているのみ。しかし、派手な服装である。着てる本人はどう思ってるんでしょうかねー。

 私の場合は、5分くらい並んで入れました。でも、混むときは混むんだろうなー。40分並んだとか言う人も。日陰が無いんで、昼間に長時間並んだら殉教しますよ。



入り口
 入り口からして凄い雰囲気。スイス兵がうろついてます。武器は・・・、持ってなさそうですかねー。



サン・ピエトロ内部
 入った瞬間、これまでの入った教会とは違うと感じました。

 それもそのはず、世界最大の教会建築ですから!総面積1万5160平方メートルと単純にでかいってのもありますが、荘厳な雰囲気がひしひしと伝わってきます。スケールが何もかも違います。




柱とかでかい
 柱だけ見てもでかい。巨人が住めそうです。



ピエタ
 ミケランジェロ作、キリストの死を悼む聖母像「ピエタ」。ミケランジェロって絵画だけじゃないんですねー。本当昔の芸術家は天才だ。

 ここは単なる教会に留まらず、芸術の宝庫と呼ばれています。



歴代法王の巨大像
 多分歴代の法王か何か。法王もこういう石像になると、なんかかっこいいというか強そうです。



ブロンズの天蓋
 大聖堂内部中央にあるのが、ベルニーニ作「ブロンズの天蓋」。



聖ペテロの墓
 そして「ブロンズの天蓋」の真下にあるのが、聖ペトロの墓。「天使と悪魔」でカルメレンゴが燃え尽きたとこ。

 そもそもこの大聖堂は、聖ペトロの殉教の地にコンスタンティヌス帝に聖堂を建立させたという。で、聖ペトロって誰よっていうと、キリストの一番弟子で、使徒のリーダー。カトリックでは、初代ローマ教皇とみなされています。



中心の天井
 さらにその上、天井。太陽光がいい具合に入ってくるんだわ、これが。



聖ペテロの椅子
聖ペテロの椅子2
 一番奥にあるのが、これまたベルニーニ作の「聖ペテロの椅子」です。でもペテロが座ったわけじゃないそうです。9世紀後半に皇帝カールから法王ヨハネ8世に送られたんだって。

 司祭がいて、なんかやってたので近づけませんでした。



立ち入り禁止
 礼拝堂も沢山あります。ミサをやっているとこは、ガードマンによって立ち入りを禁止されます。

 隅々まで見たかったんですが、できなくて残念。



スイス兵2
 やはりここも来て良かったです。教会なのに1時間堪能できるかと思います。私は、この後行く場所の開館時間が差し迫ってたので、あんまゆっくりできなかったんですけど・・・。





 他にも宝物館や地下遺跡があるそうです。私は行きませんでした、というよりか普通に気付かずスルーしてました。正直意識してないと、見逃すのではないかと。


 まぁ、私は別のところに行きましたからねー。


・旅行記11へ

・旅行記13へ


ポッチットナ