ブログネタ
NFL に参加中!
マーク・サンチェス
 ディヴィジョナルプレイオフからようやく我らがコルツが登場!

 しかし、マニング兄者はシードの時過去1度も勝ったことがないとう嫌な記録が・・・。
カーディナルズ 7 7 0 0 14
セインツ 21 14 10 0 45


 ワイルドカードの爆発的なオフェンスはどこえやら・・・。カーディナルズ、セインツに大敗です。

 RBハイタワーのTDで今回も大量得点かと思いきや、TOやら負傷やらで・・・。クロマティの負傷は痛かったですねー。ワーナーも、前半終了間際に明らかに反則の後ろからのタックルくらったのはかなりびびりましたよ。無事復帰しましたけど、本調子には程遠く。

 ボールディンも結局間に合いませんでした。


 セインツは、もうオフェンスがパーフェクトすぎますね。フリーフリッカーとか軽く決めちゃってさー。ショッキーがケガをおしてTD決めるし、ブッシュがパントリターンTDとか容赦ないですわ。



レイベンズ 3 0 0 0 3
コルツ 3 14 0 3 20


 危なげなくコルツ圧勝です。最早今シーズンのコルツにジンクスなど関係なしです。これで問題なく1週間過ごせました。

 マニング兄者は、まぁ完璧とは言わないまでも短時間であっさりTDパス決めちゃうあたり、いつもの兄者でした。

 実質2INTしてますけど、1つはガーソンがすぐに追いついてファンウルフォース。もう1つは反則でなかったことにと、運もあります。


 レイブンズは、オフェンスの要のライスが2TO。フラッコもどうも調子悪かった感じ。




カウボーイズ 0 3 0 0 3
ヴァイキングス 7 10 0 17 34


 ここのシード上位のヴァイキングスが圧勝。これでもかっつーくらいの圧勝でしたよ。ファーヴは40歳でプレイオフに勝利した始めての人に。4TDパスとか、どこまで鉄人なんだかこの人は。

 

 一方悪夢は消えたはずのカウボーイズは、早いこと夢が覚めたようで。ロモも6サックもされてしまえば、TDもとれませんて。




ジェッツ 0 0 3 14 17
チャージャーズ 0 7 0 7 14


 ここまでシード上位チームがシードの力を見せ付けてきたので、ここもそうなると思ったらまさかのアップセット!ディヴィジョナルプレイオフで1番面白いゲームでした。特にジェッツファンでのないのに、ちょっとジェッツ応援しちゃいましたよ。

 
 サンチェスはルーキーなのにプレイオフで2勝目じゃないですか。さらにワイルドカードに続きルーキーRBグリーンもゲームを決めるTD決めるし、もう勢いありすぎですな、ジェッツ。


 チャージャーズは、まぁケイディングですよねー。オールプロが大事なFG3本外すとは。そういえば、昔にもケイディングが外してプレイオフで敗退したゲームがあったようなと思ったら、2005年に同じくジェッツ戦のワイルドカードで外して負けてるじゃありませんかー。ケイディング、大舞台に弱し!とういかチャージャーズ自体がそうなのかも?

 それともジェッツにFGを外させる何かがあるんですかね?ベンガルズ戦もそうだったし。




 さて、チャンピオンシップの予想は当初、チャージャーズVSコルツとカウボーイズVSヴァイキングスと予想しましたが、どちらも片方が外れてしまいました。

 まぁ、NFCはどっちでもいいすけど、AFCは是が非でもコルツ!
 

ポッチットナ