ブログネタ
イタリア に参加中!
パブイーノ通り

●2日目 2009年8月30日(日) 午後(イタリア日付)

 マックで昼食後、スペイン広場からパブイーノ通りを北へ。目指すはポポロ広場です。ここもまぁ地下鉄に乗ればよかったのかなーと思いつつも歩いて行きました。


 ポポロ広場にもオベリスクがあって、すでに通りから良く見えます。またオベリスクかとお思いでしょうが、先ほどの教会前にあったオベリスクとは違ってこちらは全長36Mで、紀元前1200年頃にエジプトで作られたものを1589年にここに持ってきたという。

 もう歴史の差が歴然としてますね。紀元前ってそんな古いものが普通に街中にあるってのが信じられません。


ローマ


彫刻付き建物
 パブイーノ通りで、面白い建物がありました。下の部分が写ってないからなんの建物か分かりませんが、彫刻があるってのがいかにもローマらしいですね。



ポポロ広場
 あっという間にローマで2番目に広い広場、ポポロ広場に到着。奥に見えるは、フラミオ門。ここはローマ巡礼の人々の通り道で、ここで身元確認をされ税金払ってローマに入れるという場所です。



ローマの花屋?
 オベリスクの台座には、ライオンの噴水があります。マーライオンではなく、普通のライオンです。そしてこの周辺にも何やら怪しげな人々が。

 花については詳しくないんで分かりませんが、多分カーネーションを配ってる?黒人がうろついてます。

 スペイン広場でのミサンガ売りに絡まれて警戒しましたが、特にからまれることもなくー。なんか女性に配ってるようで、結局なんなのかは不明でした。



ポポロ教会とポポロ門
 フラミニオ門のすぐ横にあるのが、「天使と悪魔」にも出てきたサンタ・マリア・デル・ポポロ教会。なんか開いていない雰囲気を醸し出してましたんで、中には入れず残念。



左右で何箇所まちがいがあるでしょうか?
 そしてフラミニオ門からここまで来た道を振り返ると、双子教会と呼ばれるサンタ・マリア・イン・モンテサント教会とサンタ・マリア・デイ・ミラーコリ教会があります。

 かたっぽが工事中なので絵的にイマイチなので、どっちが何教会かはどうでもよくなります。

 実際は敷地面積に結構な差があるんですが、視覚の錯覚を利用して相対的に見えるようにしたそうです。確かによくよく見れば微妙に大きさが違うのが分かりますね。間違い探しなんかしてみるとよいかも。



ピンチョの丘
 ポポロ広場の脇には街を一望できる展望台、ピンチョの丘があります。

 パンチョではありません。高い場所好きな私としては行かないわけにはいかないですよ。



丘の展望台
 丘なので当然階段を上ります。



丘から広場
 撮影をしていると、老夫婦に写真撮ってと頼まれました。

 今の時代に珍しくフィルムのコンパクトカメラでした。フィルムなんで失敗してなきゃいいんですけどねー。


サンピエトロ大聖堂
 ピンチョの丘からの眺め。サン・ピエトロ大聖堂が良く見えます。あそこは明日行く予定です。



セグウェイ乗りたい
 丘を散策していると、セウグウェイに乗ってる人を発見。どうやらここで乗れるみたいです。

 何気に生でセグウェイを見るのは初めてです。まさか、ローマで見るとは思いもよらず。いつかは乗ってみたい乗り物です。



カーメン
 ピンチョの丘で眺めを堪能してまた広場に戻ると、ツタンカーメンがいました。オベリスクがエジプトにあったつながりでいいんですかね?

 この炎天下、暑くないんだろうか・・・。あと、前に置いてあるお金入れる箱は盗まれないんですかね?カーメン、咄嗟に追いかけられない感じがするんですけど。

 そんな風にカーメンのこと案じつつ、フラミニオ駅から地下鉄に乗って次の目的地へ移動する。


・旅行記5へ

・旅行記7へ


ポッチットナ