ブログネタ
NFL に参加中!
レジー・ウェイン
 今週は、シーズン1の注目ゲームペイトリオッツVSコルツ。

 地区首位対決ベンガルズVSスティーラーズ。

 同地区対決シーホークスVSカーディナルス。


 今シーズン最高のゲームがありました。
 その前に、まず予想。9−6(.600)ちょっと最近予想が難しくなってきました。それはそれで面白いんですけからいいんですけどね。


○ ○ 49ers(3-4) VS ベアーズ(4-4) × 
○ × ラムズ(1-7) VS セインツ(8-0) ○
○ × スティーラーズ(6-2) VS ベンガルズ(6-2) ○
○ ○ バイキングス(7-1) VS ライオンズ(1-7) ×
× × パンサーズ(3-5) VS ファルコンズ(5-3) ○ 
× × レッドスキンズ(2-6) VS ブロンコス(6-2) ○
○ ○ タイタンズ(2-6) VS ビルズ(3-5) ×
× ○ ジェッツ(4-4) VS ジャガーズ(4-4) ×
○ ○ ドルフィンズ(3-5) VS バッカニアーズ(1-7) ×
× ○ レイダース(2-6) VS チーフス(1-7) ×
× × パッカーズ(4-4) VS カウボーイズ(6-2) ○
× × チャージャース(5-3) VS イーグルス(5-3) ○
○ ○ カーディナルス(5-3) VS シーホークス(3-5) ×
○ ○ コルツ(8-0) VS ペイトリオッツ(6-2) ×
○ × ブラウンズ(1-7) VS レイブンズ(4-4) ○


 セインツは今だ無敗!まぁ、ラムズ相手ですから。


 ブロンコス、まさかの3連敗。そんでチャージャーズが勝ったもんだから、とうとう並んじゃいました。しかも来週直接対決!これは見ないと!!


 タイタンズはヤング効果で3連勝。あのペイトリオッツに手も足も出ず大量失点が今週は41点とは!


 カウボーイズが負けて、NFC EASTはますます混戦状態です。



ペイトリオッツ 7 17 0 10 34
コルツ 7 7 0 21 35


 いやー、このゲームは06-07プレーオフのカンファレンスチャンピオンシップを彷彿させますね。スーパーボウル進出を決めたゲームです。それほど劇的でした。何よりペイトリオッツに勝ったのが嬉しいことこの上なし。DVD保存です。


 マニング兄は相変わらずなんか不調でオフェンスが進まず、一方ペイトリオッツはブレイディがさくさくオフェンスを進め、簡単にでかいの決めやがる。そうなると流石に連勝ストップか〜と思っちゃいますよ。


 それがまさかまさかの大逆転!!!もう発狂寸前でした。


 あのギャンブルはマジ危なかったですよ。もう本当紙一重。ブレイディはあーゆー場面確実に決めやがりますからねー。


 ウェイン、グッジョブ!



ベンガルズ 6 0 6 6 18
スティーラーズ 3 6 0 3 12


 今シーズンのベンガルズの強さは本物ですね。これでスティーラーズに2勝、地区優勝にかなり近づきました。

 しかし、ベンガルズはランディフェンス凄いんですね。TDがルーキーのスコットのキックオフRTDのみという凄まじいディフェンス合戦で見ごたえありました。

 最終スタッツがベンガルズ218Y、スティーラーズ226Yって前半と思うほどの少なさ。


 スティーラーズは、ポラマルまた痛んじゃったようで、きついっすね。ロスリスバーガーも4サックくらって全くいいとこなしでした。


 ベンガルズのオチョシンコの活躍に期待したんですが、2キャッチでした。大活躍中のRBベンソンは、途中負傷したのか後半全く出場しませんでした。


 そんなベンガルズ。HC批判して解雇された元チーフスのRBジョンソンを獲得しました。これでますますベンガルズが強くなりそうです。



シーホークス 7 10 0 3 20
カーディナルズ 0 10 7 14 31


 ホームで弱いカーディナルス、ようやく今シーズン2勝目です。前半は相変わらず外弁慶か・・・、何でしたが後半見事逆転!

  
 ハセルベックとワーナーということでパッシングゲームになるかと思いきや、活躍したのはRB。両チームともほぼ最下位に近いんですが、まずシーホークスはフォーセットが124Y。そしてカーディナルスは、ルーキーウェルズが84Yで2TD!今後もコンスタントにこの活躍を期待したいもんです。


 レシーバー陣の活躍は相変わらず。フィッツジェラルド、ボールディン、ブレストンでTD取ったシリーズはまさにカーディナルスの真骨頂。


 レシーバーが活躍ということは、言わずもがなワーナーも絶好調。340Y、パス成功率75%で2TDのレーティング120。これなら勝てます。


 開幕2〜3週心配でしたが、もう安心です。


ポッチットナ